トップページ > 不妊治療のあらまし > 二人目不妊 3回目の体外受精の予定 その前に着床環境を整えたい

症例紹介

二人目不妊 3回目の体外受精の予定 その前に着床環境を整えたい

【症例135】 40歳、 女性
身長159cm、体重49㎏

症例キーワード: 不妊

主訴

二人目不妊。
すでに2回体外受精に失敗している。漢方薬で着床環境を整えてから3回目の体外受精に臨みたい。
卵子はすでに採卵済み。体外受精は2か月後の予定。
子宮内膜は8~9mmほど。高プロラクチン血症・クラミジアの履歴あり。
基礎体温表は二相に分離していて自然排卵あり。
高温期も十分な体温あり。ただ低温期が36.5℃前後とやや高めである。

全身症状
寒熱 冷え性はなく、かえって手足はほてる。
二便 大便2~3日に1回
小便1日7~8回
飲食 食欲:普通
飲水:普通
全身 疲れやすいというほどではない。
浮腫 なし
睡眠 良好
心神 良好
普通
頭痛:なし
胃腸 良好
月経 月経周期(28~32日)、期間(5~6日間)、経血:量(出産後減少)血塊(出産後多い)、経痛(下腹部・出産後から・鎮痛薬使用)
舌質紅・裂紋あり、舌苔微白
四肢 平素より腰が弱く、しょっちゅうぎっくり腰になる

経過・結果

【第1診】

二人目不妊の基本として血瘀を考え芎帰調血飲第一加減。次に過去の子宮の「軽微な感染」の可能性を考え知柏地黄丸を用いることにする。

処方1) 芎帰調血飲第一加減(4.0/7.5g)+知柏地黄丸(3.5/10.5g) 分2×14日分

【第2診】

手足のほてりが落ち着いている。他は変化を感じない。

処方1)×28日分

【第3診】

体外受精成功との連絡あり。

考察

二人目不妊の「血瘀」に芎帰調血飲第一加減は標準的使い方。
「微細な感染」に知柏地黄丸 を用いた理由はクラミジア歴・手足のほてり・舌症・ぎっくり腰・低温期が高め、などから判断した。

不妊のあらまし

類似する症例

  • 不妊

    過去2回流産している

    【症例27】 30歳、 女性

    過去2回流産している(6週目、2ヶ月目)。
    基礎体温票は二層に分かれるものの高温期が短い。病院では「黄体機能不全」と診断。
    ...もっと見る

  • 不妊

    不妊 多嚢胞性卵巣症候群、クロミットとHCGで治療中。

    【症例131】 31歳、 女性

    多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)。ネックレスサイン(+)。
    現在、病院でクロミットと注射(HCG)で治療中。排卵はあったりなかったり。
    AMH(2.19:39歳相当)。第一子もできにくく、体外受精で成功。甲状腺(問題なし)、プロラクチン(平)。
    ニキビ(頬に多数あり)...もっと見る

ご相談方法

基本的には直接ご来局の上でのご相談をお願いしております。
ただし、諸般の都合によりご来局いただけない場合は電話・ファックスでも応対しております。

メールでお問い合わせ

ご相談・ご予約メールフォーム

※初めての方はメールフォームからお問い合わせ頂くとスムーズです。

お電話でお問い合わせ

電話 099-239-7100

受付時間 月~土 10:00~18:00
※営業時間外でも上記電話番号より携帯電話に転送されるので通話可能です。

FAXでお問い合わせ

Fax. 099-239-7100

24時間受付中
後日、ご案内のお電話をさせて頂きます。

トップへ戻る