トップページ > 症例紹介 > 帯下(おりもの)

症例紹介

帯下(おりもの)

【症例7】 82歳、 女性
身長150cm、体重55㎏。

症例キーワード: 月経

主訴

 性状は清稀で多量。今年、6月下旬からずっと続いている。同時に足腰の冷感と沈重感を伴う。
<病歴>変形性膝関節炎。

全身症状
寒熱 下肢冷が顕著。腰から背中にかけて冷感がある。ほてることはない。
二便 大便1日1行。どちらかというと便秘の傾向にある。
小便1日9~12行、清長。
飲食 飲水、食事ともに平。
全身 年齢の割には元気なほうである。
舌質赤紫、舌苔微白。

経過・結果

第1診

帯下の性状と腰以下の沈重感・冷感及び年齢から陽気不足による寒性帯下と考え、

処方1)五積散加香附子・呉茱萸を14日分投与。

五積散加香附子・呉茱萸
当帰(酒洗)3.0、川芎(酒炙)2.0、芍薬(酒炙)3.0、茯苓(朝鮮)3.0、蒼朮(泔泡)3.0、半夏3.0、桔梗2.0、枳実1.0、陳皮2.0、乾生姜2.0、厚朴(姜炙)2.0、麻黄2.0、桂皮(ベトナム)1.0、白芷1.0、大棗3.0、甘草(炙)1.0、香附子(酢制)2.0、呉茱萸2.0。

第2診

14日分飲み終える頃には帯下はほぼ出なくなる。この後、服薬を中止したため再発したが再度同処方を服用して治癒。この後、更に1ヶ月服薬しその後廃薬。以後再発していない。

考察

処方1)五積散加香附子・呉茱萸は目黒道琢の『餐英館療治雑話』から引用したものである。
「…赤白帯下、下腹痛ミ、寒ニ属スル証、呉茱萸、香附子ヲ加エテ効アリ…」とある。

類似する症例

  • 月経蓄膿

    蓄膿症と月経痛

    【症例5】 18歳、 女性

    蓄膿症と月経痛。
     蓄膿症:小学校三年の頃から。必ず片方がつまっている。鼻流白濁~清希。頭痛はないが鼻塞がひどくなるとイライラして集中力がなくなる。終日、通年性。病院の抗生物質と消炎剤を以前は飲んでいたが結局根治には至らず今は飲んでいない。
     月経痛:高校に入って以来起こるようになる。痛みは月経開始1~2日目、下腹部及び腰のつれるような鈍痛で、さほどひどいものではないが...もっと見る

  • 月経皮膚

    月経不順と手指の湿疹

    【症例65】 30歳、 女性

    月経不順:初潮(12歳)のころから不順。年に3から5回くらい。
    直近ではH26.1月、5月、8月~現在(H27.1月)まで未来。数年前ホルモン療法をやり、直後は毎月あったものの次第に元に戻った。器質病変なし。
    手指の湿疹:左右の小指・薬指の手掌側。関節部のひび割れ・ごわごわ・色素沈着・かゆみ・手掌のほてり。冬季ならび卵・牛乳で悪化。7~8年ほど前に発症。原因不明。口唇な...もっと見る

ご相談方法

基本的には直接ご来局の上でのご相談をお願いしております。
ただし、諸般の都合によりご来局いただけない場合は電話・ファックスでも応対しております。

メールでお問い合わせ

ご相談・ご予約メールフォーム

※初めての方はメールフォームからお問い合わせ頂くとスムーズです。

お電話でお問い合わせ

電話 099-239-7100

受付時間 月~土 10:00~18:00
※営業時間外でも上記電話番号より携帯電話に転送されるので通話可能です。

FAXでお問い合わせ

Fax. 099-239-7100

24時間受付中
後日、ご案内のお電話をさせて頂きます。

トップへ戻る