トップページ > 症例紹介 > 手根管症候群

症例紹介

手根管症候群

【症例18】 52歳、 女性
身長142cm、体重46kg。中肉中背。

症例キーワード: しびれ

主訴

 四年ほど前から。日中、手作業(調理師で庖丁を使う)していると右手の親指・人差し指・中指・薬指がジンジンする痺れと痛み(特に人差し指と中指)で辛い。夜中3時ごろ痺れ・痛みで目が覚める。起床時は手指が腫れぼったく、握りこぶしが出来ない。親指の付け根部の筋萎縮はない。現在、整形外科で鎮痛剤を服用中であるが手術を勧められている。

全身症状
寒熱 すこし下肢が冷える。
二便 大便1日1行、普通便
小便1日6~7行、色・量ともに平。
飲食 食欲・飲水ともに平。
月経 50歳で閉経。
面色萎黄、シミが多い。
舌質微紅・瘀点あり、舌苔なし

経過・結果

第1診

 ジンジンする痺れ・痛みと夜間悪化などから血瘀による手根管症候群と考え、活血化瘀・祛風止痛すべく

処方1)疎経活血湯を14日分投与。

疎経活血湯
桃仁3.0、牛膝2.0、当帰(酒洗)3.0、川芎(酒炙)2.0、芍薬(酒炙)3.0、地黄(乾)3.0、竜胆2.0、羗活2.0、白芷1.0、防風2.0、威霊仙2.0、茯苓3.0、蒼朮(泔泡)3.0、防已2.0、陳皮2.0、乾生姜1.0、甘草(炙)1.0

第2診

 14日分服用後、夜中に痺れ・痛みで目覚めることはなくなった。全体的には50%の改善度という。

処方1)を更に14日分投与。

第3診

 手作業中の痛みが非常に軽くなり、80%くらいの改善度。そこで、その後も処方1)の服用を続け、都合約4ヶ月の服用の後、症状がほぼ消失したことを確認して廃薬。手術をせずにすんだと大変喜んでいただいた。印象に残る治療例である。

考察

手根管症候群は40~50代の女性で、特に手指を酷使する職業の人に多いようである。治療には疎経活血湯を単独あるいは他の駆瘀血薬と併用して用いることが多い。

類似する症例

  • しびれ不妊

    不妊 二人目不妊、3回人工授精するも結果出ず 子宮内膜薄い

    【症例133】 37歳、 女性

    二人目不妊。
    第一子は自然妊娠(帝王切開)。その後3年になるが第二子に恵まれず。
    現症:基礎体温は二相に分かれ、排卵もある。高温期は36.7以上×10日あり。
    ただ、高温期の内膜が4~5ミリと薄い。これまで人工授精3回行うも結果出ず。
    4回目がダメな場合、体外受精にステップアップする予定。できれば人工授精で何とか結果を出したい。
    ...もっと見る

ご相談方法

基本的には直接ご来局の上でのご相談をお願いしております。
ただし、諸般の都合によりご来局いただけない場合は電話・ファックスでも応対しております。

メールでお問い合わせ

ご相談・ご予約メールフォーム

※初めての方はメールフォームからお問い合わせ頂くとスムーズです。

お電話でお問い合わせ

電話 099-239-7100

受付時間 月~土 10:00~18:00
※営業時間外でも上記電話番号より携帯電話に転送されるので通話可能です。

FAXでお問い合わせ

Fax. 099-239-7100

24時間受付中
後日、ご案内のお電話をさせて頂きます。

トップへ戻る