トップページ > 症例紹介 > 慢性膀胱炎

症例紹介

慢性膀胱炎

【症例19】 67歳、 女性
身長160cm、体重46kg。痩せ型

症例キーワード: 膀胱炎

主訴

 20年ほど前から。下腹部の痛み・不快感、頻尿が主症状。症状は秋と冬に好発。また現在、社交ダンスをやっているが大会前で練習量が増え疲れると症状が出やすいようである。症状が出た時はいつも病院で抗生剤をもらい、その場その場をしのいで早や20年たつ。発症時の病院の尿検査では細菌(+)、潜血(++)、尿の状態はいつもより黄色が濃くなり不透明、量はさほど変わらない。症状がないときは細菌(-)、潜血(+)。
<病歴>
盲腸手術10年前。また遊走腎がある。

全身症状
寒熱 下肢は冷えやすい。冷えのぼせなし。
二便 大便:1日1行、普通便。
小便:1日10行、夜間排尿2行。色・量ともに平。
飲食 食欲・飲水ともに平。
面色萎黄
舌質淡・胖、舌苔微白。

経過・結果

第1診

 顕著な症状は無いようであるが、発症時、尿に菌が確認され、尿黄・混濁から膀胱湿熱の膀胱炎と考え、

処方1)五淋散(エキス散)を14日分投与。

第2診

 改善なし。そこでより積極的に熱毒を除くため処方2五淋散合排膿散及湯(エキス散)とするも改善なし。そこで、年齢・夜間排尿などから表実本虚・腎陽不足によるものと考え処方3八味地黄丸料(エキス散)を14日分を2回(28日間)を投与。

第3診

 改善なし。そこで再度詳しく問診を進めるうち、次のようなことを話してくれた。「私の膀胱炎は潜血が原因なんだそうです。かかりつけの医師に『あなたの膀胱炎の原因は潜血です。この潜血にすぐバイ菌がひっついて膀胱炎を起こすんですよ。でも潜血は体質だから治らないしねぇ。』といわれました。漢方で潜血は治らないんですか」と。潜血は恐らく、遊走腎に起源を持つものであろう。一般に遊走腎は激しい運動時に出血しやすく、大会前の練習に続発して膀胱炎が起りやすいというのも説明がいく。かつ、出血(潜血)は無症状の時にも出ているので過剰運動時以外でも発症しやすいことも説明がいく。そこで上記の医師の説を是とし、止血を治療目標に考える。五淋散にも止血作用はあるが、それが結果として無効であったのは素体に陰虚があったためと考えるべきであろう。そこで、清熱利湿・補陰止血をはかるべく処方4猪苓湯合芎帰膠艾湯とする。本人はエキス散を希望したが、その有効性を説明し煎じ薬で、14日分飲んでもらうこととした。

猪苓湯合芎帰膠艾湯
茯苓(朝鮮)3.0、沢瀉3.0、猪苓3.0、滑石3.0、阿膠(驢皮・後下)3.0、当帰(酒洗)4.0、川芎(酒炙)3.0、芍薬(酒炙)3.0、地黄(乾)5.0、艾葉3.0、甘草(炙)2.0。

第4診

 14日分服用後、今のところ症状は出ていないが、たまたまそうなのかもしれない、と言う。もっともである。そこで処方4を更に14日服用を続ける。今のところ良好。そこで処方228日分投与。結果は良好。この後も処方4を継続服用する。結局、処方4を約6ヶ月間服用し、その間症状が出そうになったことが3回かあったが抗生剤の使用は1回のみで、その他は何とか乗り越ることができた。途中、ダンスの大会があったが今までのようなことはなかった。この時点で病院の潜血検査は(±~+)である。煎じ薬が面倒ということで処方5猪苓湯合芎帰膠艾湯(いずれもエキス散・各満量)に変更。煎じ薬とエキス散との効果の差が気になりしばらく様子を見たが問題なかった。現在、再発予防のため量を減じて服用中である。

考察

 一般論で述べると、煎じ薬とエキス製剤とでは、煎じ薬のほうが効き目がよい。ただ注意すべきは、すべての処方が同じ程度でその効き目に差が出るわけではない、ということである。要するに、効き目に大きく差が出る処方もあればあまり差が出ない処方もある。猪苓湯、芎帰膠艾湯はいずれも差が大きく出やすい処方である。その理由のひとつは構成生薬の阿膠にあると考えている。生薬の阿膠と、エキス製剤に使われる阿膠の代用品つまりゼラチンとで、その止血作用を比較した場合、大きくゼラチンは劣る。上記の理由をもって今回の治療には敢えて煎じ薬で猪苓湯合芎帰膠艾湯を飲んでいただいた。

類似する症例

  • 膀胱炎

    膀胱炎

    【症例127】 80歳、 女性

    膀胱炎。
    毎年6~10月に好発、毎年3~4回発症。その度、病院にて抗生物質治療。何とか体質改善できないかと来局。
    排尿痛、頻尿、尿意急迫、残尿感、尿の混濁はないが平素から黄色。疲労後に必発。昨年は(肉眼的)血尿も2回あった。
    ...もっと見る

  • 膀胱炎

    繰り返す膀胱炎様症状

    【症例73】 75歳、 女性

    繰り返す膀胱炎様症状(排尿後の下腹部の違和感・不快感)。春・秋あるいは疲れたとき好発。下腹部の違和感・不快感と同時に尿の出が悪くなり、頻尿になり、尿量も少なくなる。
    尿検査では白血球(±)、潜血(+)。尿の色は普通くらい、尿の混濁・排尿痛はない。
    年間都合5~6回発症する。
    いつも発症すると病院の抗生剤で1週間ほどで治り、これをずっと繰り返している。...もっと見る

ご相談方法

基本的には直接ご来局の上でのご相談をお願いしております。
ただし、諸般の都合によりご来局いただけない場合は電話・ファックスでも応対しております。

メールでお問い合わせ

ご相談・ご予約メールフォーム

※初めての方はメールフォームからお問い合わせ頂くとスムーズです。

お電話でお問い合わせ

電話 099-239-7100

受付時間 月~土 10:00~18:00
※営業時間外でも上記電話番号より携帯電話に転送されるので通話可能です。

FAXでお問い合わせ

Fax. 099-239-7100

24時間受付中
後日、ご案内のお電話をさせて頂きます。

トップへ戻る