トップページ > 症例紹介 > めまい

症例紹介

めまい

【症例22】 68歳、 女性
身長156cm、体重70㎏。肥満体形。11/21来局。

症例キーワード: めまい・耳鳴り

主訴

 体が揺れる感覚で、足元がふわふわしておぼつかなくなる。回転性・起立性のめまいと吐き気はいずれも伴わない。起床時に好発。持続時間は30分~60分ほど。まったく起こらない日もあるが、一日に何度も起こることもある。過去にストレス由来の突発性難聴をわずらい、以来右の耳は難聴が続き耳鳴を伴う。現在発症時にメリスロン・デパス・メチコバールを服用してやり過ごしている。

全身症状
寒熱 下肢は冷える傾向で、冬は靴下寝
二便 大便1日1~2行、普通便。
小便1日7~8行、夜間2行、色平・量少
飲食 食欲(平)、飲水(平)
胸腹 呑酸あり
浮腫 下腿に顕著、指圧痕(+)、夕方は靴がきつくなる
睡眠 良好
良好
目・耳・鼻 耳鳴あり 
月経 50歳で閉経
顔面浮腫状、色白
舌質赤紫、舌苔白
嗜好 飲酒(-)、煙草(-)、嗜好品(-)
皮膚 色白でぽちゃぽちゃした感じ
体型 肥満体型(BMI:29)
四肢 両肩の凝り
血圧 112~78

経過・結果

第1診

肥満体型・ぽっちゃりとした皮膚の状態、下肢の浮腫・指圧痕、呑酸、舌苔などから顕著な痰飲があり、これが原因となり、動揺性のめまいを形成しているものも考えられる。その痰飲を治すべく当帰芍薬散と発作時の沢瀉湯を投与。11/21

処方1)当帰芍薬散(エキス散)9.0g/9.0g  分2×14日分 

処方2沢瀉湯(煎じ薬・頓服)×7日分

沢瀉湯
沢瀉30.0、白朮5.0

第2診

12/10

めまいはだいぶよい。

処方2)は2回服用したのみ。呑酸(食後すっぱい水があがってくる)も何とかしてほしいとのこと。

処方1) 14日分

処方3茯苓飲(エキス散)4.0g/6.0g+黄連解毒湯(エキス散)4.0g/6.0g+牡蠣末0.5g 分2 14日分

第3診

1/7

めまいおよび呑酸ほぼ良好。呑酸は草むしりなどで前かがみになるとどうしても起こるが、なんとか我慢できる程度という。この後も処方1)、3の服用を続け、都合5ヶ月間服用の後、本人の希望により廃薬。

考察

 中高年で無力性肥満体質のめまい、特に動揺型めまいには当帰芍薬散が奏功することが多い。
 呑酸は胃の裂肛ヘルニアによる逆流性食道炎と思われる。これまた肥満体質の中高年に多く、茯苓飲を基本に用いる。このとき呑酸・胸痛に黄連・山梔子を加味するが、エキスでは黄連解毒道で代用できる。更に牡蠣を制酸で用いた。
 沢瀉湯は一般に沢瀉5.0、朮2.0となっているが、この量ではとても少ないように思う。

類似する症例

  • めまい・耳鳴り嘔吐

    メニエル病

    【症例79】 60歳、 男性

    メニエル病。5年前に発症。そのうちの先の2年間は症状が続いたが、後の3年間は発症していなかった。今回再発して来局。激しい回転性のめまいとこれに伴う嘔吐。7~10日/回くらいの発症頻度。発作を繰り返すうちに耳鳴りと難聴を発症。耳鳴りは「ゴーゴー」。聴力は右40%、左30%に低下。
    <病歴・併用薬>
    7年前に開腹手術。それ以後癒着による便秘。
    降圧...もっと見る

  • めまい・耳鳴り頭痛

    顎関節骨折後の頭痛・めまい

    【症例51】 79歳、 女性

    2年ほど前、つまずき前のめりに転倒。その際、手より先にアゴで着地するような形、つまりアゴ先で全体重を支えるような姿勢で転倒し、結果アゴ部分を外傷、更に右顎関節を骨折した。またその衝撃で脳震盪を起こしたらしくその時の記憶はあいまいとのこと。救急搬送、3か月ほど入院し、外傷と骨折は治癒し退院。その後1年ほどして頭痛・頭暈が起こるようになった。心配になり病院CTやMRIなど検査したが全くの異常なしとのこ...もっと見る

ご相談方法

基本的には直接ご来局の上でのご相談をお願いしております。
ただし、諸般の都合によりご来局いただけない場合は電話・ファックスでも応対しております。

メールでお問い合わせ

ご相談・ご予約メールフォーム

※初めての方はメールフォームからお問い合わせ頂くとスムーズです。

お電話でお問い合わせ

電話 099-239-7100

受付時間 月~土 10:00~18:00
※営業時間外でも上記電話番号より携帯電話に転送されるので通話可能です。

FAXでお問い合わせ

Fax. 099-239-7100

24時間受付中
後日、ご案内のお電話をさせて頂きます。

トップへ戻る