トップページ > 症例紹介 > 過去2回流産している

症例紹介

過去2回流産している

不妊、流産癖

【症例27】 30歳、 女性
身長149cm、体重45kg

症例キーワード: 不妊

主訴

過去2回流産している(6週目、2ヶ月目)。
基礎体温票は二層に分かれるものの高温期が短い。病院では「黄体機能不全」と診断。

全身症状
二便 大便:1日1行。やや固め
小便:1日6~7行
飲食 普通
全身 疲れやすい
肩こり・頭痛(+)
胃腸 良好
月経 周期(26~38日)、経期(7~10日間)、月経痛(下腹・腰、激痛⇒鎮痛剤使用、血塊排出後軽減)、経血(色:平、量:平)、血塊(10㎜程度×5~6個)、初潮15歳
微赤紫
舌苔微白、舌質:平
皮膚 アザが出来やすい
四肢 冷え性。冷えのぼせ(+)

経過・結果

第1~10診

原因として「冷え」と「血瘀」とが考えられる。そこで芎帰調血飲第一加減と五積散とを服用してもらうこととする。

処方1)芎帰調血飲第一加減(エキス散)5.0g/7.5g+五積散(エキス散)6.0g/9.0g 分2×14日分×10回

第11~20診

処方1)を服用五ヵ月後、冷え性・下腹の月経痛は改善したが腰痛は変わらず。また経血が若い頃からすると少ないような気がするとも言う。高温期は依然として低くかつ短い。また初潮が15歳というのは遅いほうであろう。これらの症状は「腎虚」によるものと考え、これに対応すべく芎帰調血飲第一加減+五積散+八味地黄丸とする。

処方2芎帰調血飲第一加減(エキス散)4.0g/7.5g+五積散(エキス散)4.5g/9.0g+八味地黄丸(エキス散)4.5g/9.0g 分2×14日分×10回

第21診

処方2)を服用5ヵ月後、妊娠確定。漢方薬は直ちに安胎目的に処方3)芎帰膠艾湯(煎じ薬)に変更。また、しばらく病院でプロゲステロン注射併用することになった。3ヵ月後、漢方薬を処方4)当帰芍薬散+香蘇散+八味地黄丸(煎じ薬)に変更し妊娠中継続服用。⇒男児出産、2300g。

処方3)芎帰膠艾湯
当帰4.0、川芎3.0、芍薬4.0、乾地黄5.0、阿膠3.0、艾葉3.0、甘草2.0

当帰芍薬散+香蘇散+八味地黄丸
当帰3.0、川芎3.0、芍薬4.0、茯苓4.0、白朮4.0、沢瀉4.0、香附子3、陳皮2.0、蘇葉2.0、乾生姜1.0、甘草1.0、熟地黄3.0、牡丹皮1.0、山薬3.0、山茱萸3.0、桂皮1.0、附子1.0

考察

「腎虚」とは、大雑把に言うと、先天的な発育能力・生殖能力の弱さをいう。
今回の不妊治療のポイントは黄体機能不全を漢方的にどう捉えるか、にある。黄体機能不全は漢方的には「冷え」「血瘀」「腎虚」等によるものと考えている。婦人科領域における腎虚の特徴的な症状として、黄体機能不全のほかに、無排卵・無月経、長期に渡る排卵促進剤の使用、習慣性流産、経血の減少、高齢(35歳以上)であること、初潮が遅いこと、月経時の腰痛、などが挙げられる。特に「初潮が遅いこと」は非常に臨床的意味が大きい。また、一般に腎虚の治療は長期間を要することが多く、年余にわたることも少なくない。

不妊のあらまし

類似する症例

  • 不妊

    不妊、流産癖。少量の子宮出血が続いている。

    【症例47】 28歳、 女性

    不妊、流産癖。
    H10年7月に一か月で、H11年9月に二か月目で、それぞれ流産している。「妊娠を安定させ、無事出産できるような漢方薬がほしい」と二回目の翌日に来局。現在まだ少量の子宮出血が続いている。...もっと見る

  • 不妊

    3年前に稽留流産

    【症例28】 35歳、 女性

    3年前に稽留流産。基礎体温は二相に分離していた。今は計っていない。現在、産婦人科にてゴナドトロピン療法および排卵以降に黄体ホルモン剤(デュファストン)服用中。子宮内膜症(-)、子宮筋腫(-)、PCOS(-)。...もっと見る

ご相談方法

基本的には直接ご来局の上でのご相談をお願いしております。
ただし、諸般の都合によりご来局いただけない場合は電話・ファックスでも応対しております。

メールでお問い合わせ

ご相談・ご予約メールフォーム

※初めての方はメールフォームからお問い合わせ頂くとスムーズです。

お電話でお問い合わせ

電話 099-239-7100

受付時間 月~土 10:00~18:00
※営業時間外でも上記電話番号より携帯電話に転送されるので通話可能です。

FAXでお問い合わせ

Fax. 099-239-7100

24時間受付中
後日、ご案内のお電話をさせて頂きます。

トップへ戻る