トップページ > 症例紹介 > 3年前に稽留流産

症例紹介

3年前に稽留流産

不妊、流産癖

【症例28】 35歳、 女性
身長160cm、体重51kg

症例キーワード: 不妊

主訴

3年前に稽留流産。基礎体温は二相に分離していた。今は計っていない。現在、産婦人科にてゴナドトロピン療法および排卵以降に黄体ホルモン剤(デュファストン)服用中。子宮内膜症(-)、子宮筋腫(-)、PCOS(-)。

全身症状
寒熱 手足の冷え(++)、悪風(寒がり)。冷えのぼせ(+)
二便 大便:1日1回。
小便:1日5~6行。色・量ともに平。

飲食
全身 疲れやすい
浮腫 なし
月経 周期(26~28日)、経期(6日)、経痛(下腹、腰)、血塊(10mm×数個)
舌質淡、歯痕あり
皮膚 皮下出血(+)、唇・手指のひび割れ(+)
血圧 104-72
脈拍 77/分

経過・結果

第1~4診

 冷えのぼせ、月経状態、皮下出血などから、「血瘀」が考えられる。流産が大きく影響しているものと思われる。また唇・指先のひび割れといった「乾燥を伴う虚寒性血瘀」の症状も見受けられる。「流産後血瘀」には芎帰調血飲第一加減を、「乾燥を伴う虚寒性血瘀」には温経湯を用いるところであるが、まずは芎帰調血飲第一加減を中心に流産により生じた血瘀を十分に取り除き、その後温経湯を用いることとする。

処方1)芎帰調血飲第一加減(エキス散)5.0g/7.5g+五積散(エキス散)4.5g/9.0g 分2 14日分×4回

処方2)プラセンタエキス

第5~6診

 処方1)2服用2ヶ月ほどで手足のひえ、肩こり、経痛・血塊などが減少し、疲れにくくなってきた。そこで処方1)処方3温経湯に変更。

処方2 do. 

処方3温経湯(エキス散)12.0g/12.0g 分2 14日分×2回

第7診

 処方2)3)を服用3週間後、妊娠確認。妊娠確認後は16週間処方2)4)芎帰膠艾湯(煎じ薬)を服用し、その後処方2)5)紫蘇和気飲(煎じ薬)に変更、以後も妊娠中継続服用。⇒無事出産、安産なり。

芎帰膠艾湯
当帰4.0、川芎3.0、芍薬4.0、観地黄5.0、阿膠3.0、艾葉3.0、甘草2.0

紫蘇和気飲
蘇葉2.0、香附子4.0、陳皮3.0、大腹皮1.0、乾生姜1.0、大棗3.0、甘草1.0、当帰3.0、川芎3.0、芍薬4.0

考察

 流産後、再度妊娠しないものは基本的に血瘀と考える。芎帰調血飲第一加減を第一選択肢とする。更にこの症例においては、悪風を伴う冷え性が顕著にあるので麻黄を含む助陽剤として五積散を併用した。2か月ほど服用し基本体質が整ったところで温経湯に変更。温経湯は口唇・手掌の乾燥を伴う虚寒性血瘀に特異的効果がある。処方4)5)はいずれも安胎薬として用いた。
今回は処方1)と処方3)とは服用時期をずらして使用したが、最初からまとめて芎帰調血飲第一加減+五積散+温経湯として用いたらどうであっただろうか。

不妊のあらまし

類似する症例

  • 不妊

    クロミット・デュファストン療法を試みること6か月、結果が出ない。

    【症例36】 28歳、 女性

     妊娠歴はない。病院にてクロミット・デュファストン療法を試みること6か月、結果は出ていない。子宮筋腫・内膜症・卵管閉塞、PCOSなど器質的病変はない。基礎体温表は二相に分かれ、排卵はおよそ14~16日目あたり。排卵後は高温相に移行するまで4~5日ほどかかり結果、高温相が短い。高温相は連続しているものの平均36.6℃くらいでやや低めで経過している...もっと見る

  • 不妊

    病院にて高プロラクチン血症と診断

    【症例29】 37歳、 女性

    病院にて高プロラクチン血症と診断されている。現在クロミット服用中。クロミット服用以前は基礎体温表が二層に分かれたり分かれなかったりと安定した排卵がなかった。現在、基礎体温表は二層に分かれるものの排卵後、高温層に移行するまで四日ほどかかる。また高温層の温度自体も36.5~7で十分に上がりきらない状態。...もっと見る

ご相談方法

基本的には直接ご来局の上でのご相談をお願いしております。
ただし、諸般の都合によりご来局いただけない場合は電話・ファックスでも応対しております。

メールでお問い合わせ

ご相談・ご予約メールフォーム

※初めての方はメールフォームからお問い合わせ頂くとスムーズです。

お電話でお問い合わせ

電話 099-239-7100

受付時間 月~土 10:00~18:00
※営業時間外でも上記電話番号より携帯電話に転送されるので通話可能です。

FAXでお問い合わせ

Fax. 099-239-7100

24時間受付中
後日、ご案内のお電話をさせて頂きます。

トップへ戻る