トップページ > 症例紹介 > 病院にて高プロラクチン血症と診断

症例紹介

病院にて高プロラクチン血症と診断

不妊、流産癖

【症例29】 37歳、 女性
身長155cm、体重51㎏、引き締まった感じ

症例キーワード: 不妊

主訴

病院にて高プロラクチン血症と診断されている。現在クロミット服用中。クロミット服用以前は基礎体温表が二層に分かれたり分かれなかったりと安定した排卵がなかった。現在、基礎体温表は二層に分かれるものの排卵後、高温層に移行するまで四日ほどかかる。また高温層の温度自体も36.5~7で十分に上がりきらない状態。

全身症状
寒熱 冷え性(++)。同時に手のひら・足の裏は非常にほてり、かかと・唇のひび割れがある。冷えのぼせ(+)、お風呂でものぼせやすい。
二便 大便1日1行
小便1日5~6行、夜間0行、色(清長)
飲食 食欲(平)、飲水(平)
浮腫 なし
睡眠 良好
心神 良好
肩こり⇒頭痛
月経 周期(35~42日)、経期(7日)、経痛(月経2日目、下腹部、鎮痛薬(-)カイロを下腹に当てると軽減)、経血(平)、血塊(20mm×数個)、子宮筋腫(-)、内膜症(-)
舌質淡・有歯痕、舌苔白
皮膚 色白、皮下出血(+)
体型 中肉
血圧 119-77

経過・結果

第1~10診

月経の状態から「血瘀」が、基礎体温の状況から「虚寒」が読み取れる。これらが不妊の原因と思われる。しかも、この血瘀は手のひら・足の裏のほてり・かかと・唇のひび割れといった「乾燥を伴う血瘀」である。そこで、処方1)温経湯を用いることとする。さらに「虚寒」に対しては、高温期を強力に温めるために処方2当帰シロップ剤を併用することとする。

処方1)温経湯(エキス散)12.0g/12.0g 分2×14日分×10回

処方2当帰シロップ 適量

第11診

処方1)2服用5か月弱にして妊娠成功。妊娠確認後16週間は処方23芎帰膠艾湯を、その後は出産まで処方24当帰芍薬散を服用。⇒無事出産。安産なり。

処方3芎帰膠艾湯(エキス散)15.0g/15.0g 分2

処方4当帰芍薬散(エキス散)9.0g/9.0g 分2

考察

 基礎体温表からおそらくは黄体機能不全かあるのではないかと思う。黄体機能不全の選択肢として温経湯がある。ただ、あくまで選択肢のひとつであってすべての黄体機能不全が温経湯で治せるわけではない。温経湯証を持つものの黄体機能不全が大前提である。念のため。
 温経湯証は、その最も基本に「桂枝体質」がある。その「桂枝体質」に「血瘀」と「虚寒」と「特徴的乾燥」とが加わって温経湯証を形成している。その「桂枝体質」とは、一般にやせ形で、その皮膚の色白く、四肢筋肉は引き締まっていて、汗ばみやすく、浮腫はなく、平素からのぼせやすく、痛症(頭痛、腹痛、四肢痛)を超しやすい、寒冷に敏感、舌苔暗紅、などの特徴を持つ体質を言う。この症例においては「引き締まった感じ」「冷えのぼせ(+)、お風呂でものぼせやすい」「浮腫:なし」「頭項:肩こり⇒頭痛」「経痛」「色白」などから総合的に「桂枝体質」と判断した。

不妊のあらまし

類似する症例

  • 不妊

    不妊

    【症例75】 39歳、 女性

    不妊。子供なし。妊娠歴なし。
    月経周期28~30、期間4~5日間。経痛(微)、経血(量平、色平、血塊なし)。基礎体温表は二相に分離するものの高温相の立ち上がりが遅く、36.7℃を超える日が6~7日ほどしかない(黄体機能不全と思われる)。20代前半に多嚢胞性卵巣症候群の履歴あり(現在はない)。プロラクチンがわずかに高値。
    病院でカバサール、デュファストン服用中。
    もっと見る

  • 不妊

    一年ほど前にようやく自然妊娠したが9週目で流産。以後妊娠しない。

    【症例46】 29歳、 女性

    不妊。25歳で結婚。一年ほど前にようやく自然妊娠したが9週目で流産。以後妊娠しない。子宮筋腫・内膜症、高プロラクチン血症などいずれもない。Hb値が下限ギリギリ。月経周期30日、経期7日間、経痛(-)、経血量は流産後やや減少、血塊(-)。基礎体温表は現在つけていないが、以前の記録では二層に分かれ、排卵はあった。病院治療は受けていない。クラミジア等の感染症の履歴もない。夫の検査はしていない。...もっと見る

ご相談方法

基本的には直接ご来局の上でのご相談をお願いしております。
ただし、諸般の都合によりご来局いただけない場合は電話・ファックスでも応対しております。

メールでお問い合わせ

ご相談・ご予約メールフォーム

※初めての方はメールフォームからお問い合わせ頂くとスムーズです。

お電話でお問い合わせ

電話 099-239-7100

受付時間 月~土 10:00~18:00
※営業時間外でも上記電話番号より携帯電話に転送されるので通話可能です。

FAXでお問い合わせ

Fax. 099-239-7100

24時間受付中
後日、ご案内のお電話をさせて頂きます。

トップへ戻る