トップページ > 症例紹介 > 二年半前に8週目で流産し、それ以来妊娠しない。

症例紹介

二年半前に8週目で流産し、それ以来妊娠しない。

不妊、流産癖

【症例33】 31歳、 女性
身長160cm、体重52kg

症例キーワード: 不妊

主訴

 二年半前に8週目で流産し、それ以来妊娠しない。病院で当帰芍薬散と温経湯とを各半年ずつ服用したが妊娠にいたらず。基礎体温表は二層に分離するが排卵後、高温期への移行に3~4日かかり、高温期が短い。子宮筋腫(-)、子宮内膜症(-)。現在、病院での治療は受けていない。

全身症状
寒熱 四肢冷(+)
二便 大便3日1行で便秘傾向。
小便1日6~7行、夜間0行、色・量ともに平
飲食 食欲(少ない)、飲水(平)
全身 疲れやすく、朝の早起きができない
胸腹 食後に胃痛あり
浮腫 下肢(+)
睡眠 良好
月経 周期(32日)、経期(7日間)、経痛(下腹、一日目、鎮痛剤(-))、経血(暗赤色、量少)、血塊(5mm×3~4個)
色白
舌質:淡・胖大、舌苔:微白
嗜好 飲酒(たまに)
皮膚 皮下出血(+)
体型 ぽっちゃり型
血圧 88-60
脈拍 75/分

経過・結果

第1、2診

 流産後の不妊は芎帰調血飲第一加減を基本に用いる。産後のファーストチョイスとして用いられる芎帰調血飲第一加減であるが、流産後の不妊はその変則パターンと考える。実際に月経の状態などから「血瘀」がうかがえる。更に、全身症状から「気虚」と「虚寒」が考えられる。よって、「血瘀」には芎帰調血飲第一加減、「気虚」には補中益気湯、「虚寒」には五積散、便秘があるので少量の「大黄」を併用することとする。

処方1)芎帰調血飲第一加減25.0/47.0g+補中益気湯10.0/27.0g+五積散12.0/34.0g+大黄0.5g(煎じ薬)14日分×2回

芎帰調血飲第一加減
桂皮1.0、茯苓3.0、芍薬3.0、桃仁3.0、牡丹皮2.0、当帰2.0、川芎2.0、白朮3.0、観地黄2.0、乾生姜2.0、甘草1.0、烏薬2.0、香附子2.0、枳実2.0、陳皮2.0、木香2.0、大棗3.0、延胡索2.0、紅花2.0、牛膝2.0、益母草2.0、蘇葉2.0(22味、47.0g)

補中益気湯
黄耆4.0、人参4.0、大棗3.0、甘草2.0、当帰3.0、白朮4.0、柴胡3.0、升麻1.0、陳皮2.0、乾生姜1.0(10味、27.0g)

五積散
当帰3.0、川芎2.0、芍薬3.0、茯苓3.0、蒼朮3.0、半夏3.0、桔梗2.0、枳実1.0、陳皮2.0、乾生姜2.0、厚朴2.0、麻黄2.0、桂皮1.0、白芷1.0、大棗3.0、甘草1.0(16味、34.0g)

第3,4,5診

 処方1)服用1ヶ月ほどで、食欲(↑)、体力(↑)、下肢冷(↓)、排卵後すぐに高温層へ移行する、大便良好など改善点が見られる。ただし、服用後胃の痛みを生じる。そこで香附子、人参を増量する。

処方2 処方1)加香附子2.0g人参2.0g(煎じ薬)

第6診

 この後、処方2にて服用後の胃の痛み消失。このまま服用を続け、都合二ヵ月半の服薬にて妊娠成功。

考察

 いわゆる黄体機能不全と思われる。一般に黄体機能不全に温経湯、エストロゲンの代用に当帰芍薬散が用いられているようである。この症例の場合、流産を経ているので、その際に生じた血瘀をいったん取り除かなくてはならない。よって温経湯や当帰芍薬散では効果は上がらなくて当然である。

不妊のあらまし

類似する症例

  • 不妊

    高プロラクチン血症にてカバサール服用中。体外受精を試みるも失敗。

    【症例30】 31歳、 女性

     高プロラクチン血症にてカバサール服用中。体外受精を試みるも失敗。基礎体温表は、二相に別れ、高温期の温度も十分にあるが、途中で体温が低温層レベルまで降下することが2~3回ある。近医にて当帰芍薬約散を一年服用するも無効。子宮筋腫(−)、内膜症(−)、PCOS(−)。...もっと見る

  • 不妊

    産後のだるさ

    【症例59】 36歳、 女性

    第一子出産後二年たってもつづく顕著なだるさ。二人目もほしいので、それに向けて体力を向上させたい。
    子供は2歳半。今も朝夕授乳している(月経が再開しているのでたぶん母乳は出ていないのではないか)。
    だるさは朝と夕方に顕著になる。だるくて夕食の準備ができないことも多い。食事は朝・昼・夕それぞれ質・量ともに十分に摂っているつもり。...もっと見る

ご相談方法

基本的には直接ご来局の上でのご相談をお願いしております。
ただし、諸般の都合によりご来局いただけない場合は電話・ファックスでも応対しております。

メールでお問い合わせ

ご相談・ご予約メールフォーム

※初めての方はメールフォームからお問い合わせ頂くとスムーズです。

お電話でお問い合わせ

電話 099-239-7100

受付時間 月~土 10:00~18:00
※営業時間外でも上記電話番号より携帯電話に転送されるので通話可能です。

FAXでお問い合わせ

Fax. 099-239-7100

24時間受付中
後日、ご案内のお電話をさせて頂きます。

トップへ戻る