トップページ > 症例紹介 > 過去2回流産あり。多嚢胞性卵巣症候群(以下PCOS)と診断されている。

症例紹介

過去2回流産あり。多嚢胞性卵巣症候群(以下PCOS)と診断されている。

不妊、流産癖

【症例34】 30歳、 女性
身長159㎝、体重51㎏

症例キーワード: 不妊

主訴

過去2回流産あり。多嚢胞性卵巣症候群(以下PCOS)と診断されている。

全身症状
寒熱 手冷(-)、手掌煩熱(-)、足冷(+)
二便 大便2日1行。
小便1日5~6行、夜間0行、色・量ともに平
飲食 食欲(平)、飲水(平)
胸腹 良好
浮腫 夕方、膝以下に少しあり
睡眠 良好
心神 良好
唇の乾燥(++)
経前に頭痛あり
目・耳・鼻 良好
月経 周期(32~42日)、経期(5日間)、経痛(下腹部、開始1~2日目)。経血(量:平、色:濃)、血塊(微量)、基礎体温表はつけていない。不定期の子宮出血(少量)あり。 面・舌:面色:微黄、舌質:淡・嫩、舌苔:微白、左舌辺に2㎜ほどの瘀点が2個ある。
嗜好 飲酒(-)、煙草(-)、嗜好品(-)
体型
四肢 肩こり、右下肢のしびれあり
血圧 105-67
脈拍 57

経過・結果

第1、2,3,4診

流産後の不妊には2段階の治療戦略をとるようにしている。まず第一段階として流産によって生じた血瘀を取り除き、第二段階として適宜本来の体質に基づいた薬方を用いる。

その第一段階として処方1)芎帰調血飲第一加減を用いる。

処方1)芎帰調血飲第一加減30.0/47.0g(煎じ薬) 28日分×4回

芎帰調血飲第一加減
桂皮1.0、茯苓3.0、芍薬3.0、桃仁3.0、牡丹皮2.0、当帰2.0、川芎2.0、白朮3.0、観地黄2.0、乾生姜2.0、甘草1.0、烏薬2.0、香附子2.0、枳実2.0、陳皮2.0、木香2.0、大棗3.0、延胡索2.0、紅花2.0、牛膝2.0、益母草2.0、蘇葉2.0(22味、47.0g)

第5,6診

流産後の不妊には2段階の治療戦略をとるようにしている。まず第一段階として流産によって生じた血瘀を取り除き、第二段階として適宜本来の体質に基づいた薬方を用いる。

その第一段階として処方1)芎帰調血飲第一加減を用いる。

処方1)芎帰調血飲第一加減30.0/47.0g(煎じ薬) 28日分×4回

芎帰調血飲第一加減
桂皮1.0、茯苓3.0、芍薬3.0、桃仁3.0、牡丹皮2.0、当帰2.0、川芎2.0、白朮3.0、観地黄2.0、乾生姜2.0、甘草1.0、烏薬2.0、香附子2.0、枳実2.0、陳皮2.0、木香2.0、大棗3.0、延胡索2.0、紅花2.0、牛膝2.0、益母草2.0、蘇葉2.0(22味、47.0g)

第7診

 処方214日分×2回で妊娠成功。その後は安胎のため処方3紫蘇和気飲に変更。また、病院にてデュファストンが投与され、これと併用することとなった。その後予定より5日ほど遅れて出産。安産なり。

処方3紫蘇和気飲25.0/25.0(煎じ薬)

紫蘇和気飲
蘇葉2.0、香附子4.0、陳皮3.0、大腹皮1.0、乾生姜1.0、大棗3.0、甘草1.0、当帰3.0、川芎3.0、芍薬4.0(10味、25.0g)

考察

 流産を含めた産後の病変には芎帰調血飲第一加減が著効を発揮する。今回も二段階の戦略がうまくいった。温経湯は月経周期の異常を伴う不妊に好んで用いている。『金匱要略』に言う「崩中去血、或月水来過多、及至期不来」の応用である。また、これに「唇口乾燥」あるいは「手掌煩熱」を伴うことも多い。今回の場合は「手掌煩熱」はなかったものの「唇口乾燥」が顕著にあった。

不妊のあらまし

類似する症例

  • 不妊

    3年前に稽留流産

    【症例28】 35歳、 女性

    3年前に稽留流産。基礎体温は二相に分離していた。今は計っていない。現在、産婦人科にてゴナドトロピン療法および排卵以降に黄体ホルモン剤(デュファストン)服用中。子宮内膜症(-)、子宮筋腫(-)、PCOS(-)。...もっと見る

  • 不妊

    不妊

    【症例76】 41歳、 女性

    二人目不妊。一人目(自然妊娠)は現在2歳。
    月経周期32~33日、経期5日間。経痛(+、下腹部)。経血(以前より量が少ない、エコーでは内膜の厚さには問題ないとのこと)、血塊(20㎜×数個)。
    基礎体温表は二相に分かれるものの高温相が弱い(黄体機能不全か)。現在病院でクロミット・デュファストンの内服およびゴナドトロピン注射を行っている。
    人工授精1回あり、婦...もっと見る

ご相談方法

基本的には直接ご来局の上でのご相談をお願いしております。
ただし、諸般の都合によりご来局いただけない場合は電話・ファックスでも応対しております。

メールでお問い合わせ

ご相談・ご予約メールフォーム

※初めての方はメールフォームからお問い合わせ頂くとスムーズです。

お電話でお問い合わせ

電話 099-239-7100

受付時間 月~土 10:00~18:00
※営業時間外でも上記電話番号より携帯電話に転送されるので通話可能です。

FAXでお問い合わせ

Fax. 099-239-7100

24時間受付中
後日、ご案内のお電話をさせて頂きます。

トップへ戻る