トップページ > 症例紹介 > メニエル氏病後の耳鳴・難聴・めまい

症例紹介

メニエル氏病後の耳鳴・難聴・めまい

メニエル氏病後の耳鳴・難聴・めまい

【症例48】 68歳、 女性
身長154㎝、体重54㎏、既婚、子供二人。

症例キーワード: めまい・耳鳴り

主訴

メニエル氏病に起こった耳鳴、難聴、めまい。
メニエル氏病はH25.5に発症(激しいめまいと嘔吐)。病院の薬でとりあえずこれらの症状は治まったが、耳鳴と難聴とめまいとが発症した。病院では後遺症とのことで現在もアデホスコーワ、鎮暈薬、VB12が投薬されている。耳鳴は左耳のみで、キーンキーンと大きな音で起床時から終日続く。陰天時はさらに悪化する。難聴は「耳がザワザワして会話が聞き取りにくい」とのこと。めまいは発作時ほどの激しいものではないが、頭位を変えた際に回転性に数秒間起こる。このとき吐き気は伴わない。

全身症状
寒熱 下肢は冷える傾向
二便 大便1日1行。
小便1日7~8行、夜間1行、量は少なめ。
飲食 食欲(平)、飲水(平)。
全身 発作以来疲れやすくなった。
胸腹 良好
浮腫 なし
睡眠 良好
心神 時々動悸あり
頭汗あり
特記なし
発作以来すっきりしない
目・耳・鼻 目赤あり
月経 婦人科の病歴なし
面色(平)
舌質老・微紅、舌苔微黄。
皮膚 枯燥
体型 小太り
四肢 項背部のコリあり

経過・結果

第1診

毒素の沈着と考える。

処方1)防風通聖散(エキス散)2.5/7.5+釣藤散(エキス散)5.0/7.5g 分2×14日分

第2診

良好。耳鳴(↓↓)、めまい(↓)、ただし難聴は変わらず。

処方1) do. 分2×14日分

第3診

良好を維持。以後も処方1)を継続服用。

処方1) do. 分2×14日分

考察

メニエル病の基本処方を「防風通聖散去麻黄芒硝加菊花縮砂」とし、後遺症・再発予防にも良い効果を上げている。エキスでは防風通聖散合釣藤散で代用しているが納得のゆく効果を得ている。

類似する症例

  • めまい・耳鳴り

    うつむく姿勢を長く続けるとめまいが起こる

    【症例53】 46歳、 女性

    台所作業で、うつむく姿勢を長く続けるとフワーとなり、何か物につかまっていないと倒れそうになる。疲労時・陰天時・月経前に好発。回転性(-)、暗黒性(-)、悪心嘔吐(-)、耳鳴(-)、貧血(-)。発症は一年ほど前で、仕事が多忙であったこととストレスが重なったことが原因ではないかと考えている。...もっと見る

  • めまい・耳鳴り

    めまい

    【症例20】 42歳、 男性

     回転性で悪心を伴うが嘔吐はしない。発作性に起り、特に食後に起りやすく、発作が出たら1時間ほど横になっていると何とか回復してくる。耳鳴りを伴う。陰天前好発。頭痛はない。難聴などの後遺症はない。病院では軽いメニエル病と診断され薬をもらっているがあまり効かない。
    <病歴>
    滲出性中耳炎
    ...もっと見る

ご相談方法

基本的には直接ご来局の上でのご相談をお願いしております。
ただし、諸般の都合によりご来局いただけない場合は電話・ファックスでも応対しております。

メールでお問い合わせ

ご相談・ご予約メールフォーム

※初めての方はメールフォームからお問い合わせ頂くとスムーズです。

お電話でお問い合わせ

電話 099-239-7100

受付時間 月~土 10:00~18:00
※営業時間外でも上記電話番号より携帯電話に転送されるので通話可能です。

FAXでお問い合わせ

Fax. 099-239-7100

24時間受付中
後日、ご案内のお電話をさせて頂きます。

トップへ戻る