トップページ > 症例紹介 > 月経痛・頭痛・ニキビ

症例紹介

月経痛・頭痛・ニキビ

【症例43】 22歳、 女性
身長163㎝、体重45㎏

症例キーワード: ニキビ・肌荒れ月経頭痛・肩こり

主訴

月経痛。
毎月あり、その都度鎮痛剤を服用している。
また、鉄欠乏性貧血あり、このため坂道などで気短がある。

全身症状
寒熱 下肢冷え症。冷えのぼせ(+)
二便 大便1日1行。
小便1日10行、夜間0行、色(清)・量(少)。
飲食 食欲(平)、飲水(平)
全身 疲れやすい
浮腫 下肢(+)、顔面も浮腫状
心神
頭痛あり(両側のコメカミ・ズキンズキン)月経前に顕著。起立性眩暈
月経 周期(25日)、経期(7日間)、経痛(下腹・腰・頭)、経血(色(平)量(平))、血塊(多い)
青白い
舌質淡・嫩、舌苔微白・潤。舌辺に瘀点あり。
嗜好 飲酒(機会飲酒)、煙草(-)。
皮膚 ニキビ。アザができやすい。
体型 やせ形。肌肉松軟。
血圧 114-75

経過・結果

第1診

処方1)桂枝茯苓丸(エキス散)3.0/6.0+当帰芍薬散(エキス散)4.5/9.0g 分2×14日分

第2診

月経はまだ来ていない。ニキビの赤みが改善し新生も減少し、頭痛もなくなった。更に下肢・顔面の浮腫も軽減。おおむね良好と判断。

処方1) do.×14日分

第3診

25日目に月経あり。経痛50%くらいに軽減。鎮痛剤の使用量も半分以下。経血に40㎜×3コの血塊を交えた。経血量増加。頭痛・肩こりなどは依然調子よいが、月経前にニキビが悪化。今はとにかくこのニキビもよくしてほしいという。経前の乳房脹痛あり。

処方2)桂枝茯苓丸(エキス散)3.0/6.0+当帰芍薬散(エキス散)4.5/9.0+小柴胡湯(エキス散)3.0/7.5g 分2×14日分

第4診

ニキビ・頭痛・むくみ良好

処方2) do.×14日分

第5診

漢方服用してから2回目の月経。月経痛はほとんどない。月経前のニキビの悪化半分ほどにとどまる。

第6診

治療目標の月経痛・頭痛は処方2)でほぼ良好。ニキビも良くなったととても喜んでくれている。都合4か月服用し、漸減ののち廃薬。

考察

血瘀による経痛及び血瘀上衝による頭痛と考え、桂枝配合の駆瘀血剤の中から桂枝茯苓丸を選択した。更に浮腫・尿不利・気短・肌肉松軟などから痰飲も併存するものと考え当帰芍薬散を合方した。成書には桂枝茯苓丸と当帰芍薬散とでは、用いる対象者が全く異なるタイプであるような記述も見られるが、実際には今回の場合のごとく併存することもしばしば経験している。
ニキビの経前悪化と経前乳脹は「熱入血室」の亜型と考え小柴胡湯を用いた。

類似する症例

  • 嘔吐月経

    月経時の悪心嘔吐

    【症例2】 32歳、 女性

    月経時の腹痛および悪心・嘔吐。
    腹痛は月経の1~2日目。下腹全体が痛む。どのように痛むかと詳しく聞いてみても「ただ痛む」としか表現できないという。痛みの程度はほぼ毎月同じ。月経周期28~30日、経期7日間。経血量(平)、血塊(少)。帯下(白粘多)。鎮痛剤を毎月服用している。悪心・嘔吐は月経の始まる2~3日前からひどくなり、月経中はほとんど食欲がなくなるという。臭いをかいだだけでえずい...もっと見る

  • ニキビ・肌荒れ

    ニキビ

    【症例81】 33歳、 女性

    ニキビ。
    アゴの線~頬に集中してできる。直径は2~3mm程度の小粒のものと5~10mm程度の大粒のものの二種類ある。小粒は化膿しやすく、大粒は化膿しないが根が深く一度できるとなかなか治らない。色は赤~暗紅色。ひどくなるたびに病院の抗生物質とビタミン剤を服用している。これらを服用後は一時的に沈静化するが、なかなか根治には至らない。月経前、疲労時、多食時に悪化する傾向にある。
    ...もっと見る

ご相談方法

基本的には直接ご来局の上でのご相談をお願いしております。
ただし、諸般の都合によりご来局いただけない場合は電話・ファックスでも応対しております。

メールでお問い合わせ

ご相談・ご予約メールフォーム

※初めての方はメールフォームからお問い合わせ頂くとスムーズです。

お電話でお問い合わせ

電話 099-239-7100

受付時間 月~土 10:00~18:00
※営業時間外でも上記電話番号より携帯電話に転送されるので通話可能です。

FAXでお問い合わせ

Fax. 099-239-7100

24時間受付中
後日、ご案内のお電話をさせて頂きます。

トップへ戻る