トップページ > 症例紹介 > アレルギー性鼻炎と動悸・不眠

症例紹介

アレルギー性鼻炎と動悸・不眠

【症例42】 46歳、 女性
身長156㎝、体重53㎏

症例キーワード: アレルギー不眠・うつ病

主訴

アレルギー性鼻炎。鼻流清涕、鼻閉、くしゃみ、目痒。
症状はほぼ通年性であるが特に冬に好発。花粉には反応しない。また動悸と不眠のためソラナックス、ベンザリンを使用している。

全身症状
寒熱 冷え症で、冬はアンカ使用。冷えのぼせ(-)
二便 大便1日1行。
小便1日10~行、夜間0行、色(平)、量(少)。
飲食 食欲(平)、飲水(平)
全身 疲倦乏力(+)
胸腹 胃痛(ストレス性・軽微)
浮腫 下肢(+)
睡眠 不眠傾向
心神 ストレスや坂道・階段で動悸が起こることがある。また動悸が起こるとなんとも落ち着かなくなる。
頭痛(コメカミ)
月経 周期(約40日)、経期(7日間)、経痛(-)、経血(色平、量少)、帯下(白粘、多)。
色白でぽっちゃりとした面立ち。
舌質胖・嫩・有歯痕、舌苔微白。
嗜好 飲酒(-)、煙草(-)
皮膚 色白
体型
血圧 125~66
脈拍 54/分

経過・結果

第1診

アレルギー性鼻炎の直接的な原因は痰飲によるものであるが、同時に頭痛・不眠・心悸などの気上衝を兼ねていると思われる。このような場合、痰飲の治療だけではだめで、両者を同時に治療する必要がある。
そこで痰飲に当帰芍薬散、気上衝に柴胡桂枝乾姜湯とし、両者を合方として用いる。

処方1)当帰芍薬散(エキス散)3.0/9.0g+柴胡桂枝乾姜湯(エキス散)2.0/6.0g 分2×14日分

第2診〜

服用翌日から下利となる。そこで「食後服用」とするとすぐに回復。
鼻炎は服用7日目ごろから非常によくなる。同時に頭痛・動悸も改善。服用1か月ほどで主訴であるアレルギー性鼻炎はほとんど出なくなったが、服用していると全身的に調子が良いとのことでしばらく続けることにする。
服用開始7か月後、ベンザリンとソラナックスを漸減し、廃薬に成功。こののちも処方1)を継続し、都合14か月服用ののち廃薬。

考察

アレルギー性鼻炎の原因はさまざまである。最も多いのが痰飲型で、その治療薬のファーストチョイスとして当帰芍薬散を好んで用いている。この場合、男女を問わない。今回の場合は「冷え症」「尿頻数」「下肢浮腫」「ぽっちゃりとした面立ち(茯苓面)」「舌質胖・嫩・有歯痕、舌苔微白」といった症状が痰飲に相当する。気上衝は「心悸及びそれに伴う不安感」「頭痛」「不眠」など。基本に「桂枝証」があるものと思われる。その治療方剤は当然桂枝配合剤であるが、今回は当帰芍薬散と相性抜群の柴胡桂枝乾姜湯を選択した。幸い、この二剤合方で著効を得たが、無効の場合さらに苓桂朮甘湯を合することも多い。当帰芍薬散合柴胡桂枝乾姜湯はもともと苓桂朮甘湯を内包しているわけであるから、痰飲・気上衝への対応を強化したことになる。当帰芍薬散合柴胡桂枝乾姜湯合苓桂朮甘湯は、湯本求真先生の皇漢医学に同様の症例があり、これに倣ったものである。

類似する症例

  • アレルギージンマシン皮膚

    ジンマシン

    【症例111】 30歳、 女性

    蕁麻疹。
    〇発症は1年ほど前から。きっかけは不明。
    〇程度の差はあるがほぼ毎日、夕方ごろ、顔面のみに発症。
    〇強いかゆみを伴う淡紅色の小局面(1~3cm×2~3個)として発症。手で触ったり、髪の毛・服・降灰が触れたりすると一層ひどくなる。
    〇痒くなるとかゆみ止め軟膏(時に内服)を塗って凌いでいる。
    〇これとは別件であるが、夕方に...もっと見る

  • 不眠・うつ病

    不眠と寝汗

    【症例128】 71歳、 女性

    不眠と寝汗。
    不眠はここ数年来。特に一昨年、インフルエンザ・抜歯・膀胱炎と立て続けに体調不良に襲われ、それ以来ずっと熟睡できない。入眠はマイスリーを服用しているので問題ないが、中途覚醒が一晩に3~4回あり、その後寝付けず、朝を迎える。中途覚醒時に背中と後頭部のほてりと盗汗あり。その都度肌着を着替え、小便に行く。これらの症状はほぼ毎晩で夏季に好発するが外の季節でも起こる。クーラーのタイ...もっと見る

ご相談方法

基本的には直接ご来局の上でのご相談をお願いしております。
ただし、諸般の都合によりご来局いただけない場合は電話・ファックスでも応対しております。

メールでお問い合わせ

ご相談・ご予約メールフォーム

※初めての方はメールフォームからお問い合わせ頂くとスムーズです。

お電話でお問い合わせ

電話 099-239-7100

受付時間 月~土 10:00~18:00
※営業時間外でも上記電話番号より携帯電話に転送されるので通話可能です。

FAXでお問い合わせ

Fax. 099-239-7100

24時間受付中
後日、ご案内のお電話をさせて頂きます。

トップへ戻る