トップページ > 症例紹介 > 顎関節骨折後の頭痛・めまい

症例紹介

顎関節骨折後の頭痛・めまい

【症例51】 79歳、 女性
身長152㎝、体重42kg

症例キーワード: めまい・耳鳴り頭痛

主訴

2年ほど前、つまずき前のめりに転倒。その際、手より先にアゴで着地するような形、つまりアゴ先で全体重を支えるような姿勢で転倒し、結果アゴ部分を外傷、更に右顎関節を骨折した。またその衝撃で脳震盪を起こしたらしくその時の記憶はあいまいとのこと。救急搬送、3か月ほど入院し、外傷と骨折は治癒し退院。その後1年ほどして頭痛・頭暈が起こるようになった。心配になり病院CTやMRIなど検査したが全くの異常なしとのこと。頭痛は、本人いわく「右のこめかみから脳みそにしみこむような痛み」とのこと。ボルタレンは無効。発症時間帯に特に傾向はなく、突然起こり2~3時間ほど続く。終日のこともある。毎日連続しておこることもあれば一週間に一回の時もある。随伴症状はない。めまいは歩行中当然ふわふわとした感覚になり、何か物につかまらないと立っていられない。前駆症状・随伴症状はない。これらのため外出は極力控えている。

経過・結果

第1診

原因として、部位的に近いことから骨折の後遺症、あるいは脳震盪後の後遺症、のふたつが考えられるが、両方とも影響していると考えるべきであろう。いずれも病理は血瘀である。活血化瘀を行う。ただし、骨折後遺症、及び脳震盪後遺症に特異的に効果を発揮する薬剤を用いる必要がある。骨折後遺症に田七、脳震盪後遺症に血府逐瘀湯、と考え両者を併用することにする。

処方1)血府逐瘀湯去桔梗加田七×7日分

血府逐瘀湯去桔梗加田七
乾地黄3.0、桃仁3.0、当帰2.5、紅花3.0、川芎2.5、赤芍2.5、牛膝2.5、柴胡2.5、枳実2 甘草1.5、田七2.0

第2診

著効あり。頭痛・めまい、いずれも服薬以後出ていない。頭がすっきりして気分が良い。しかし、たまたまかもしれないので継続投与することにする。

処方2) do. ×7日分

第3診

やはり頭痛・めまいいずれも起こらない。更に服用を勧めるも経済的理由にて服用中止。再発の際はすぐ連絡するようにと伝えてあるが、幸いに今のところ連絡はない。

考察

頭部の打撲・脳震盪後に起こった頭痛の第一選択肢に血府逐瘀湯を用いている。

類似する症例

  • 頭痛

    繰り返す眼窩蜂窩織炎

    【症例38】 45歳、 男性

     基礎に慢性副鼻腔炎、扁桃腺肥大、鼻茸をもっている。過去に2回に眼窩蜂窩織炎で瞼が開かないほど腫れたことがある。今回も右眼窩部の圧痛・熱感・腫脹、眉毛のあたりの痛み、頭痛が起こり始め、病院受診し抗生剤と消炎剤とを服用中であるが、だんだんと悪化していくようである。...もっと見る

  • 頭痛

    ストレス性頭痛

    【症例77】 27歳、 男性

    頭痛。2年ほど前から職場のストレスにより発症。そのため現在は退職を余儀なくされる。脳外科の検査では脳血管には異常なし。病院にてさまざまな鎮痛剤を用いたが全く無効。
    頭痛は、頭全体が締め付けられるようで、かつズキンズキンと拍動性になるときもある。ひどいときは意識が遠くなりボォーっとしてきて冷や汗を伴う。痛みは終日続き、横臥時や体を動かしている時は軽減する傾向にある。耳鳴・吐き気はいずれ...もっと見る

ご相談方法

基本的には直接ご来局の上でのご相談をお願いしております。
ただし、諸般の都合によりご来局いただけない場合は電話・ファックスでも応対しております。

メールでお問い合わせ

ご相談・ご予約メールフォーム

※初めての方はメールフォームからお問い合わせ頂くとスムーズです。

お電話でお問い合わせ

電話 099-239-7100

受付時間 月~土 10:00~18:00
※営業時間外でも上記電話番号より携帯電話に転送されるので通話可能です。

FAXでお問い合わせ

Fax. 099-239-7100

24時間受付中
後日、ご案内のお電話をさせて頂きます。

トップへ戻る