トップページ > 症例紹介 > 変形性膝関節症

症例紹介

変形性膝関節症

【症例60】 68歳、 女性
身長160㎝、体重85.4㎏

症例キーワード: ひざ痛関節痛

主訴

両膝とも(右>左)。触って熱感あり。膝~下腿の浮腫が顕著にある。指圧痕は顕著にできる。下肢の皮膚は乾燥してがさがさしていて光沢はない。夜中に足がつったりすることがある。現在痛みのために杖を使用しているが、歩行にかなり難儀している様子。この症状に対する病院治療はシップのみ。
<服用している薬>
ニューロタン、アテレック、エクア、メルビン、リバロ、メインハーツ

全身症状
寒熱
二便 大便1日1行
小便1日7~8行(夜1行)、量少
飲食 食欲:平 、飲水:平
全身 とにかく下半身が重だるい
胸腹 胃腸は良好
浮腫 下肢に顕著
睡眠 良好
心神 坂道で気短
上半身に多汗(特に夏は顕著)
舌質胖大・乾燥、無苔

経過・結果

第1診

風湿熱と判断。尿不利・上汗下腫・指圧痕から防已黄耆湯を選択。更に患部の熱感、尿不利・浮腫・下肢の皮膚乾燥・無光沢から麻杏?甘湯を併用。ただし、気短(⇒メインハーツ)があるので麻黄の影響を考慮し少量で様子を見ることにする。

処方1)防已黄耆湯(エキス散)11g/7.5g+麻杏薏甘湯(エキス散)3g/6g 分2×7日分

第2診

著効あり。膝痛(↓↓)、尿量(↑)浮腫(↓)、体重1.4㎏減。心悸・気短などの副作用(-)。
よって処方1)をさらに継続する。

処方1)do.×21日分

第3診

3週間後、初期の体重より3.7減。膝痛は、ほぼ消失し、杖を使わずに歩行している。

処方1)do.×21日分

第4診~

この後、調子が良くて仕量(建業の現場作業)を増やしたために膝痛悪化。そこで処方1)加地竜とし、回復。服用2.5ヵ月後の体重79.5㎏(初期より5.9㎏減)。現在も服用中。

処方2)防已黄耆湯(エキス散)11g/7.5g+麻杏?甘湯(エキス散)3g/6g+地竜エキス2.0g 分2×~

考察

「黄耆体質」が基本にあり、これに膝関節患部に「麻黄?苡仁証」が重なった典型例である。ここでの「黄耆体質」は下肢浮腫・尿不利・上半身の多汗(夏に顕著)・指圧痕など。「麻黄?苡仁証」とは膝関節の熱感・浮腫・皮膚の枯燥・尿不利をいう。もし、患部皮膚の状態が乾燥なくテカテカ・ピカピカした状態なら「麻黄石膏症」とみて麻杏甘石湯や越婢加朮湯を合する。「麻黄?苡仁証」と「麻黄石膏証」とでは同様に患部皮膚に熱感・浮腫があるが、水滞を起こしている深さが異なるのである。前者は深く、後者は浅い。
2.5ヵ月の服用で実に体重が6㎏弱減少し、ひざの痛みもなくなったので、ご本人には非常に喜んでいただいた。

類似する症例

  • ひざ痛関節痛

    ひざ痛

    【症例12】 63歳、 女性

     数年前から。右膝の裏側の筋が突っ張ったように痛み、曲げ伸ばし、特に伸ばす時に突っ張って痛む。また、仕事がずっと立ったままの作業のため夕方疲れてくると膝が固まったようになり、歩き出す時が非常に痛む。椅子に腰掛けている限りは痛みは起こらない。陰天悪化・夜間悪化いずれもない。入浴後改改善もない。その右膝関節を触ってみるとぶよぶよと浮腫状にある。熱感・圧痛はいずれもない。また心疾患もない。実は当薬局に来...もっと見る

  • ひざ痛

    右膝痛

    【症例106】 64歳、 女性

    右膝痛。
    痛みはだいぶ以前からあったが、孫が生まれそのお守りで、ここ一年ほどひどくなってきた。右膝痛をかばうためか右腰も痛むようになった。右膝部を触ってみると熱感なく、水が溜まっている様子もない。皮膚はガサガサしている。ふくらはぎはボコボコしている。ただ、膝関節内側に圧痛がある。立ち上がる時、歩行時に痛みが悪化する。安静時には痛まない。病院で防己黄耆湯、当薬局で独活寄生湯、芎帰調血飲...もっと見る

ご相談方法

基本的には直接ご来局の上でのご相談をお願いしております。
ただし、諸般の都合によりご来局いただけない場合は電話・ファックスでも応対しております。

メールでお問い合わせ

ご相談・ご予約メールフォーム

※初めての方はメールフォームからお問い合わせ頂くとスムーズです。

お電話でお問い合わせ

電話 099-239-7100

受付時間 月~土 10:00~18:00
※営業時間外でも上記電話番号より携帯電話に転送されるので通話可能です。

FAXでお問い合わせ

Fax. 099-239-7100

24時間受付中
後日、ご案内のお電話をさせて頂きます。

トップへ戻る