トップページ > 症例紹介 > オデキ

症例紹介

オデキ

【症例64】 45歳、 男性
身長170㎝、体重74㎏、小太り。

症例キーワード: 皮膚

主訴

3日ほど前から、うなじに発生。発赤は鮮紅色で、直径5㎝ほど、円錐形で中心部は2㎝ほどの盛り上がり。境界不鮮明。触ると患部は熱く、硬く、未化膿。圧痛(++)。全身発熱(-)。

全身症状
寒熱
二便 大便1日1行
小便1日5~6行(夜0行)、量少
飲食 食欲:平    飲水:平
全身
胸腹 胃腸は良好
睡眠 良好
舌質微紅、舌苔白膩

経過・結果

第1診

「排膿が始まるまで」

処方1)十味敗毒湯6/6g+中黄膏

「排膿が始まってから」

処方2)十味敗毒湯4/6g+十全大補湯10/15g+紫雲膏

第2診

処方1)を服用2日後に排膿が始まり、患部が柔らかくなり、境界が鮮明になる。色調も鮮紅色から暗紅色へと変化。同時に痛みも激減。そこで処方2に変更。処方2)を服用後、排膿が加速。ガーゼから漏れ出すほど。結果、内服は7日ほど継続し、紫雲膏は傷口がふさがるまで継続使用した。

 

考察

オデキの漢方治療のメリット
★治癒までの時間短縮
★治癒後、瘢痕や色素沈着を残さない。
★再発しにくい。

類似する症例

  • 皮膚

    髭剃り部分の毛穴に一致した化膿を伴う発赤

    【症例61】 25歳、 男性

    髭剃り部分の毛穴に一致した化膿を伴う発赤。
    20歳のころから。
    <病歴>
    中耳炎、扁桃腺炎...もっと見る

  • アレルギー皮膚

    蕁麻疹

    【症例85】 36歳、 女性

    蕁麻疹。
    二か月ほど前から、疲れと睡眠不足が原因かも。部位は上下肢それぞれの内側、お尻、背中。はじめ線状、のち結合して風団となる。消失までは1~2時間ほど。時間は夕方4時ごろから出やすい。強いかゆみを伴う。疲れると悪化傾向。これとは関係ないかもしれないが、蕁麻疹発症の一月ほど前から咳(痙咳、無痰、声がれ、熱感・発汗を伴う)が現在も続いている。
    ...もっと見る

ご相談方法

基本的には直接ご来局の上でのご相談をお願いしております。
ただし、諸般の都合によりご来局いただけない場合は電話・ファックスでも応対しております。

メールでお問い合わせ

ご相談・ご予約メールフォーム

※初めての方はメールフォームからお問い合わせ頂くとスムーズです。

お電話でお問い合わせ

電話 099-239-7100

受付時間 月~土 10:00~18:00
※営業時間外でも上記電話番号より携帯電話に転送されるので通話可能です。

FAXでお問い合わせ

Fax. 099-239-7100

24時間受付中
後日、ご案内のお電話をさせて頂きます。

トップへ戻る