トップページ > 症例紹介 > 月経不順と手指の湿疹

症例紹介

月経不順と手指の湿疹

【症例65】 30歳、 女性
身長162㎝、体重67㎏。小太り。

症例キーワード: 月経皮膚

主訴

月経不順:初潮(12歳)のころから不順。年に3から5回くらい。
直近ではH26.1月、5月、8月~現在(H27.1月)まで未来。数年前ホルモン療法をやり、直後は毎月あったものの次第に元に戻った。器質病変なし。
手指の湿疹:左右の小指・薬指の手掌側。関節部のひび割れ・ごわごわ・色素沈着・かゆみ・手掌のほてり。冬季ならび卵・牛乳で悪化。7~8年ほど前に発症。原因不明。口唇ならび他部位の皮膚は正常。
<病歴>
喘息・アトピー・腎盂腎炎の病歴あり。

全身症状
寒熱 畏寒なし。手先足先は冷え症だが手掌はほてる。冷えのぼせあり。
二便 大便2日1行
小便1日4~6行(夜0行)
飲食 食欲:平
飲水:平
全身
胸腹 胃腸は良好
浮腫 なし
睡眠 不眠傾向
扁桃腺肥大あり(このため小さいころはしょっちゅう発熱していた)
頭痛あり(ロキソニン使用、肩こりとリンク)
月経 周期(不定)、経期(4~5日。中断することしばしば)、経痛(下腹痛、強い)伴 頭痛・めまい・腰痛・吐き気・発熱。
舌質赤紫、舌苔微白、舌尖瘀点多数。
四肢 肩こり(+、とても硬い、頚項強)

経過・結果

第1診

子宮に血瘀があり、これによる月経不順と手指の湿疹と判断。ただし、「月経周期の異常」は血瘀に先立つ「気の乱れ(気滞)」を合わせて考えるのが定石で、多くの場合柴胡剤を配合する。今回の場合、月経時の「嘔して発熱」・頭痛、扁桃肥大、喘息歴、頚項強から小柴胡湯を選択。また、肌肉状態および他皮膚症状から温経湯を否定。

 処方1)小柴胡湯(エキス散)5/7.5g+桂枝茯苓丸(エキス散)3/6g 分2×7日分
処方2)紫雲膏

第2診

服用2日後電話あり。「服薬後、体がだるくてしょうがない。たぶん薬の影響と思うが大丈夫か?」との問い合わせ。「一過性の反応だからすぐ慣れて感じなくなる。このまま服用を続けてください」と返答。
7日後。手の湿疹はひび割れがふさがり始め、色素沈着も薄れ、痒みも減少。
便通改善し毎日あり。肩こり改善。ただ、だるさはさらに悪化したように感じるが手湿疹がよくなり始めたので頑張って服用するとのこと。

処方1) do.×7日分

第3診

7日後。だるさは同程度。手湿疹はさらによくなる。

処方1) do.×7日分

第4診

7日後。来経(ほぼ半年ぶり)。経痛(+、↓)、経血量(多)、暗赤色、悪臭有、血塊(大・多)。この後も処方1)を継続服用し3月・4月・5月ともに周期的に月経あり。半年の服用ののち廃薬。 

考察

月経不順と手掌湿疹とがセットで来ると「すわ温経湯」と考えてしまいがちである。この症例の場合、扁桃炎や月経時の発熱、喘息、冷えのぼせなどから基本に柴胡体質を持つと考えられ、更に症状から小柴胡湯を選択した。温経湯はその基本に桂枝体質を持つと考えられ、それには該当しないと判断し、温経湯は否定した。手掌湿疹は扁桃炎の病巣感染によるものかもしれない。

類似する症例

  • アレルギー皮膚

    アトピー性皮膚炎

    【症例54】 13歳、 女性

    小学2年生ごろより発症。好発部位は膝・肘・手首の屈側、前首で、時に眼周囲、口周囲。局面性の発赤で、表面は乾燥し、強い痒みを伴う。浸出液はない。部活動で疲れたときや、屋外で日光を多く浴びた後に悪化する傾向。病院からのワセリン外用と、かゆみが強いときのみジルテック頓服を使用中。アレルギーは他にも喘息及び鼻炎が少しある。...もっと見る

  • 月経

    帯下(おりもの)

    【症例7】 82歳、 女性

     性状は清稀で多量。今年、6月下旬からずっと続いている。同時に足腰の冷感と沈重感を伴う。
    <病歴>変形性膝関節炎。...もっと見る

ご相談方法

基本的には直接ご来局の上でのご相談をお願いしております。
ただし、諸般の都合によりご来局いただけない場合は電話・ファックスでも応対しております。

メールでお問い合わせ

ご相談・ご予約メールフォーム

※初めての方はメールフォームからお問い合わせ頂くとスムーズです。

お電話でお問い合わせ

電話 099-239-7100

受付時間 月~土 10:00~18:00
※営業時間外でも上記電話番号より携帯電話に転送されるので通話可能です。

FAXでお問い合わせ

Fax. 099-239-7100

24時間受付中
後日、ご案内のお電話をさせて頂きます。

トップへ戻る