トップページ > 症例紹介 > アトピー性皮膚炎・夜尿症・腹痛

症例紹介

アトピー性皮膚炎・夜尿症・腹痛

【症例71】 14歳、 女性
女性(中学3年生)。身長160㎝、体重50㎏。痩せて色白。弛緩した肉付きではなく、しまった感じ。

症例キーワード: 夜尿症皮膚腹痛

主訴

① アトピー性皮膚炎
両肘内側、顔面(眼周囲)、背中の発赤・痒み。肘内側は局面・苔癬化・淡紅色、眼周囲は赤く乾燥のため落屑あり。背中は小発赤が点在。いずれも痒みのため掻き崩すと表面に少量のベトベトした浸出液が出る。夏に顕著な悪化あり。アレルギーは他にも花粉症あり
② 夜尿症
2/3の失敗率。つまり、ひと月のうち約20日は失敗している。もらす尿は少量。一晩に一回のみ。通年。
③ 腹痛
臍の周囲の痛み。空腹時、疲れたとき、学校帰りなど発症するタイミングは不定。カイロを当てるとよいこともあるが効かない場合もある。
<併用薬>
ステロイド軟膏

全身症状
寒熱 冷え症
二便 大便:2~3日/行。玄米食で良好
小便:1日5~6行
飲食 食欲:平
飲水:平
全身 疲倦乏力(-)、容易感冒(-)
胸腹 臍腹痛(上記)
睡眠 良好
心神 良好
顔面・背中に自汗あり。手掌足心も発汗しやすい。黄汗あり。
頭痛なし
目・耳・鼻 目赤・鼻閉しやすい。
月経 月経周期不定。月経痛あり。
面色は白く、少し上気して赤味を帯びる。
舌質微紅、舌苔微白

経過・結果

第1診

症状は多岐にわたる。このような場合、個々の症状を追いかけずに基本体質を正確に把握し、それを治療することで道が開けることも多い。

この場合、望診上は痩せ型・色白・やや上気した顔色、それに加えて汗が出やすく、痛症(頭痛・腹痛・四肢痛のいずれか)あり。これらより桂枝剤の適合と判断。臍腹痛および便秘と夜尿は中空臓器の過緊張(虚労裏急)によるものと判断。そこで小建中湯を基本に用いることにする。黄汗及びアトピー(以下AD)があることから黄耆が、更にそのアトピーが夏季に悪化することから苦参・荊芥が必要と判断。

処方1)黄耆建中湯12/24g+消風散3/9g 分2 14日分投与。

処方2)太乙膏

 

考察

ADの痒み(↓)、ステロイド軟膏の使用量半分でコントロール可。ただし汗をかいた時は痒み増悪(特に背中・おしり)。夜尿失敗率2/3から1/3に改善。臍腹痛(-)。黄汗(+)。
そこでかゆみ止めとして苦参・荊芥を増量する。
処方2)黄耆建中湯12/24g+消風散3/9g+苦荊散1/2.1g 分2 14日分投与。
痒み横ばい。ただし、夜尿失敗率2/14。
処方3)黄耆建中湯12/24g+消風散3/9g+苦荊散2/2.1g 分2 14日分投与。
痒み(↓)、夜尿失敗率5/14。臍腹痛(-)
その後、処方3)を継続服用し三か月後、三つの症状は略治状態。折を見て漸減。

類似する症例

  • アレルギー皮膚

    蕁麻疹

    【症例85】 36歳、 女性

    蕁麻疹。
    二か月ほど前から、疲れと睡眠不足が原因かも。部位は上下肢それぞれの内側、お尻、背中。はじめ線状、のち結合して風団となる。消失までは1~2時間ほど。時間は夕方4時ごろから出やすい。強いかゆみを伴う。疲れると悪化傾向。これとは関係ないかもしれないが、蕁麻疹発症の一月ほど前から咳(痙咳、無痰、声がれ、熱感・発汗を伴う)が現在も続いている。
    ...もっと見る

  • 皮膚

    しもやけ

    【症例10】 58歳、 女性

     以前からできていたがここ五年ほど前から悪化してきた。毎年11月ごろにはでき始め、翌年の4月ごろまで続く。手指はほぼ十指とも、足指は小指の外側のみ。全体的に暗赤色になり、所々ひび割れたり皮膚が崩れたりする。痛痒さを伴う。今はまだ出来ていないが、きっと今年もできるだろうからそれに先駆けて治療したいとのこと。
    <病歴>
     子宮筋腫・痔核・下肢静脈瘤の手術の履歴あり。...もっと見る

ご相談方法

基本的には直接ご来局の上でのご相談をお願いしております。
ただし、諸般の都合によりご来局いただけない場合は電話・ファックスでも応対しております。

メールでお問い合わせ

ご相談・ご予約メールフォーム

※初めての方はメールフォームからお問い合わせ頂くとスムーズです。

お電話でお問い合わせ

電話 099-239-7100

受付時間 月~土 10:00~18:00
※営業時間外でも上記電話番号より携帯電話に転送されるので通話可能です。

FAXでお問い合わせ

Fax. 099-239-7100

24時間受付中
後日、ご案内のお電話をさせて頂きます。

トップへ戻る