トップページ > 症例紹介 > 線状皮膚炎(アオバアリガタハネカクシによる皮膚炎)

症例紹介

線状皮膚炎(アオバアリガタハネカクシによる皮膚炎)

不妊、流産癖

【症例74】 25歳、 女性
身長167㎝、体重60㎏。がっちりした感じの体型

症例キーワード: 皮膚

主訴

線状皮膚炎(アオバアリガタハネカクシによる皮膚炎)
右ほお5×1㎝ほどの線状の紅色疹・ヒリヒリ感・1㎜ほどの膿疱が7~8個点在。
発症の翌日来局。皮膚科のステロイド外用を使用中であるが、仕事の都合上一日も早く治したい。

経過・結果

第1診

 

処方1)消風散9.0/9.0g+越婢加朮湯6.0/9.0g 分2  3日分

処方2)黄連解毒湯 6/6カプセル 分2 3日分

処方3)太乙膏(ステロイド軟膏と等量混和)

 

考察

赤味(↓)、膿疱消失、ヒリヒリ感(↓)、一皮むけた。
その後も処方1)2)3)を継続服用。都合21日で略治状態。線状に暗赤褐色の色味が薄く残るので、太乙膏(のみ)で更に様子を見ることにする。無効の場合紫雲膏も考慮。

類似する症例

  • 皮膚

    右肘外側および左前腕外側部の強い痒みを伴う小結節

    【症例72】 17歳、 女性

    右肘外側および左前腕外側部の強い痒みを伴う小結節。結節は5ミリほどで無色。左右それぞれ3~4個ずつ点在している。突然痒くなりステロイド軟膏を使うと一週間ほどでかゆみは治まる(結節はそのまま)。しばらくするとまた痒くなる、を繰り返している。発症は中学二年のころ。原因不明。蓄膿が悪くなると皮膚も悪くなるような気がする。
    <病歴>
    ニキビ(額に多発・伴化膿)、肺炎...もっと見る

  • アレルギージンマシン皮膚

    ジンマシン

    【症例111】 30歳、 女性

    蕁麻疹。
    〇発症は1年ほど前から。きっかけは不明。
    〇程度の差はあるがほぼ毎日、夕方ごろ、顔面のみに発症。
    〇強いかゆみを伴う淡紅色の小局面(1~3cm×2~3個)として発症。手で触ったり、髪の毛・服・降灰が触れたりすると一層ひどくなる。
    〇痒くなるとかゆみ止め軟膏(時に内服)を塗って凌いでいる。
    〇これとは別件であるが、夕方に...もっと見る

ご相談方法

基本的には直接ご来局の上でのご相談をお願いしております。
ただし、諸般の都合によりご来局いただけない場合は電話・ファックスでも応対しております。

メールでお問い合わせ

ご相談・ご予約メールフォーム

※初めての方はメールフォームからお問い合わせ頂くとスムーズです。

お電話でお問い合わせ

電話 099-239-7100

受付時間 月~土 10:00~18:00
※営業時間外でも上記電話番号より携帯電話に転送されるので通話可能です。

FAXでお問い合わせ

Fax. 099-239-7100

24時間受付中
後日、ご案内のお電話をさせて頂きます。

トップへ戻る