トップページ > 症例紹介 > 不妊

症例紹介

不妊

【症例75】 39歳、 女性
身長166㎝、体重47㎏、既婚。子供なし。

症例キーワード: 不妊

主訴

不妊。子供なし。妊娠歴なし。
月経周期28~30、期間4~5日間。経痛(微)、経血(量平、色平、血塊なし)。基礎体温表は二相に分離するものの高温相の立ち上がりが遅く、36.7℃を超える日が6~7日ほどしかない(黄体機能不全と思われる)。20代前半に多嚢胞性卵巣症候群の履歴あり(現在はない)。プロラクチンがわずかに高値。
病院でカバサール、デュファストン服用中。
夫は39歳、未検査。

全身症状
寒熱 強い冷え症。指先・つま先の冷えが強く、指先は冷えが強いときは真っ白になる。ただし冷えるのは仕事中だけで、仕事が終わった後や休日は冷えない。また布団に入るとすぐ温まる。
二便 大便2日1行。緊張する語下利しやすい。
小便1日7~8行、夜間0行、色・量ともに平。
飲食 食欲(平)、飲水(平)
全身 疲れやすい。
胸腹 胸焼けしやすい
浮腫 下肢に少し
睡眠 良好
心神 緊張しやすく、その時は手掌の発汗・動悸を伴う。もともと上り症
手掌・腋下にでやすい。
頭痛(肩こり由来、頚項強)
面色白、舌質平、舌苔微白
嗜好 飲酒(機会飲酒)、煙草(-)。
皮膚
体型 やや痩せ型、下腹墜張
四肢 肩こり
血圧 92-60
脈拍 64

経過・結果

第1診

平素から緊張が強く、これにより手足の冷え、緊張性下利・発汗が起こっていると考えられる。更にはこれが黄体機能不全に影響しているおそれも考えられる。そこでまずは緊張をほぐすことを第一の目標とする。

処方1)四逆散+桂枝加竜骨牡蠣湯 14日分

第2診

高温期が上がってきた。手足の冷え(↓)

処方1) do. 14日分

第3診

高温期36.7×12日間。手足冷え(-)

処方1) do.  14日分

第4診

ここで直接的に妊娠対策をとる。

処方2)芎帰調血飲第一加減+補中益気湯+香附子 14日分

第5診

体の芯が温まっている感じ。元気が出てきているのが実感できる。

第6診

高温期36.7×14日間。現在、病院の薬はカバサールのみ。

処方2) do.  14日分

第6診後ひと月ほどしてから妊娠したとの報告あり。

考察

気と血とはともに全身を巡行している。気のめぐりが悪いと血もめぐらない。今回の場合、まずストレスによる諸症状の改善、つまり気の巡りをよくし、そののちに血の調理を行い成功した例である。

不妊のあらまし

類似する症例

  • 不妊

    病院でホルモン療法をすすめられたが、ホルモン療法に抵抗を感じて相談

    【症例24】 29歳、 女性

    結婚3年になるが妊娠しない。病院の診断では右卵巣が腫れているとのことで右下腹部の引きつれる痛みが常にあり、また子宮内膜症もあるとのこと。病院でホルモン療法をすすめられたが、ホルモン療法に抵抗を感じ、漢方治療を希望して来局。
    基礎体温表は2層に分かれるものの排卵後高温期への移行に日数(4日ほど)がかかり、その結果高温期が短い。また、高温期の上がり自体も弱い。

    ...もっと見る

  • 不妊

    二年半前に8週目で流産し、それ以来妊娠しない。

    【症例33】 31歳、 女性

     二年半前に8週目で流産し、それ以来妊娠しない。病院で当帰芍薬散と温経湯とを各半年ずつ服用したが妊娠にいたらず。基礎体温表は二層に分離するが排卵後、高温期への移行に3~4日かかり、高温期が短い。子宮筋腫(-)、子宮内膜症(-)。現在、病院での治療は受けていない。...もっと見る

ご相談方法

基本的には直接ご来局の上でのご相談をお願いしております。
ただし、諸般の都合によりご来局いただけない場合は電話・ファックスでも応対しております。

メールでお問い合わせ

ご相談・ご予約メールフォーム

※初めての方はメールフォームからお問い合わせ頂くとスムーズです。

お電話でお問い合わせ

電話 099-239-7100

受付時間 月~土 10:00~18:00
※営業時間外でも上記電話番号より携帯電話に転送されるので通話可能です。

FAXでお問い合わせ

Fax. 099-239-7100

24時間受付中
後日、ご案内のお電話をさせて頂きます。

トップへ戻る