トップページ > 症例紹介 > 膀胱炎様症状

症例紹介

膀胱炎様症状

【症例78】 60歳、 女性
身長156㎝、体重55㎏、既婚。子供二人。

症例キーワード: 膀胱炎

主訴

膀胱炎様症状。10数年来。症状は頻尿、尿意急迫、排尿痛、残尿感、下腹部不快痛で、特に夜間に起こりやすく、このときは下腹部不快痛のため朝まで眠れないこともある。疲れたときや屋外で作業したとき、夏・秋・冬に好発。また発症時は不思議と生あくびが連発する。強い症状は月に一回くらいの発症頻度であるが残尿感と尿意急迫は平素から多少ある。病院で検査しても尿中の細菌・出血は確認されない。
<病歴>
自律神経失調による動悸、外痔核(手術)

全身症状
寒熱 冷え症(足先)
二便 大便1日1行。
小便1日10~行、夜間2行、色・量ともに平。
飲食 食欲(平)、飲水(平)
全身 良好
胸腹 ストレス性の胃痛をおこしやすい
浮腫 なし
睡眠 平素より不眠傾向
心神 どちらかというと神経質
肌着に汗じみが付きやすい
以前は扁桃腺が腫れやすかった
目・耳・鼻 良好
月経 婦人科の器質病変歴はない
面色褐色
舌質平、舌苔白
嗜好 飲酒(なし)、煙草(なし)
皮膚 褐色で乾燥した感じ、手指(甲側)・首甲に圧痛を伴う出血斑ができやすい。
体型 中肉
血圧 130-70、貧血なし

経過・結果

第1診

気淋と判断。基本処方は四逆散合猪苓湯。ただし、発症から10年以上経過していること、夜間に好発すること、出血班などから血瘀が介在していると考え四逆散を血府逐瘀湯に変更、つまり血府逐瘀湯合猪苓湯とする。

処方1)血府逐瘀湯合猪苓湯 14日分

第2診

排尿回数に変化ないものの残尿感・尿意急迫は軽減。特に夜間排尿後が楽になった。その他強い症状は起こっていない。

処方1) do. 14日分

第3診

良好

処方1) do.  14日分

第4診

症状ほぼ改善。10年来の症状が一ヵ月半でこんなによくなるとはと、とても喜んでいただいた。

考察

気淋に限らず神経性と思われる病変には四逆散を好んで用いている。これが陳旧性・難治性・血瘀症状がみられる場合にはこれを血府逐瘀湯とする。

類似する症例

  • 膀胱炎

    繰り返す膀胱炎様症状

    【症例73】 75歳、 女性

    繰り返す膀胱炎様症状(排尿後の下腹部の違和感・不快感)。春・秋あるいは疲れたとき好発。下腹部の違和感・不快感と同時に尿の出が悪くなり、頻尿になり、尿量も少なくなる。
    尿検査では白血球(±)、潜血(+)。尿の色は普通くらい、尿の混濁・排尿痛はない。
    年間都合5~6回発症する。
    いつも発症すると病院の抗生剤で1週間ほどで治り、これをずっと繰り返している。...もっと見る

  • 膀胱炎

    慢性膀胱炎

    【症例19】 67歳、 女性

     20年ほど前から。下腹部の痛み・不快感、頻尿が主症状。症状は秋と冬に好発。また現在、社交ダンスをやっているが大会前で練習量が増え疲れると症状が出やすいようである。症状が出た時はいつも病院で抗生剤をもらい、その場その場をしのいで早や20年たつ。発症時の病院の尿検査では細菌(+)、潜血(++)、尿の状態はいつもより黄色が濃くなり不透明、量はさほど変わらない。症状がないときは細菌(-)、潜血(+)。<...もっと見る

ご相談方法

基本的には直接ご来局の上でのご相談をお願いしております。
ただし、諸般の都合によりご来局いただけない場合は電話・ファックスでも応対しております。

メールでお問い合わせ

ご相談・ご予約メールフォーム

※初めての方はメールフォームからお問い合わせ頂くとスムーズです。

お電話でお問い合わせ

電話 099-239-7100

受付時間 月~土 10:00~18:00
※営業時間外でも上記電話番号より携帯電話に転送されるので通話可能です。

FAXでお問い合わせ

Fax. 099-239-7100

24時間受付中
後日、ご案内のお電話をさせて頂きます。

トップへ戻る