トップページ > 症例紹介 > 緊張過多

症例紹介

緊張過多

【症例84】 33歳、 女性
身長160cm、体重55㎏、子供一人。

症例キーワード: 不安緊張自律神経

主訴

緊張過多。
理由もないのにいつもみぞおちに力が入り緊張している感じ。みぞおちの力みがのどのつかえに代わることもしばしばある。睡眠中、動悸で目覚め、その後不安感で眠れず。また、仕事中は緊張のため項・胸・脇・手掌に汗をかく。月経の前後で悪化傾向。楽しいことをしている間は何も感じない。2年前引っ越しして不眠となり、これがきっかけで上記症状を発症。病院にてマイスリー、パキシル、リーゼを服用していたが効果がないので現在は中止している。

全身症状
寒熱 手足は冷え性
二便 大便2~3日/行、下痢したり便秘したりと一定しない。
小便5~6行/日、夜間0行、色・量ともに平
飲食 食欲(平)
飲水(平)
全身 疲れやすい。風邪をひきやすい(咽痛・黄粘痰)、車暈(+)
浮腫 下肢に少しあり。
睡眠 不眠傾向
心神 不整脈あり、驚きやすい。
項・胸・脇・手掌の汗。
経前に頭痛あり(→ロキソニン服用)。
月経 周期(24~26日)、経期(7日間)、経痛(下腹部・軽微)、経血(暗赤色、量平)、血塊(−)。
舌質平、舌苔微白
皮膚 細絡(ふくらはぎに少し)
体型 中肉でぽっちゃりした感じ
血圧 101~70
脈拍 71

経過・結果

【第1診】

 みぞおちの力みとのどのつかえ・発汗異常・不整脈などはすべて気滞と考えられる。このような症状には半夏厚朴湯合四逆散(八味解鬱湯)を好んで用いている。ただし夜間の動悸発作、これらが月経前に悪化すること、月経前の頭痛・肩こりなどから血瘀も強く影響しているものと考えられる。そこで、四逆散を血府逐瘀湯に展開し血府逐瘀湯合半夏厚朴湯として用いることにする。

処方1血府逐瘀湯(エキス散)5.0/7.5g+半夏厚朴湯4.0/6.0g 分2×14日分

【第2診】

 服用後1週間ほどで来経、血塊(↑)。頭痛・肩こり(↓)、胸・のど(↓)、及びこれらに伴う緊張感(↓)。夜中の心悸も全く出ず、よく眠れるようになった。大便、ほぼ毎日出るようになった。発汗改善なし。

処方1 do. ×14日分

【第3診】

 良好を維持。

処方1 do. ×14日分

【第4診】

 来経(25日周期)、血塊(↓)経血(↑)、経痛(−)。発汗異常(少し改善)。胸・のどの症状・緊張感・頭痛・肩こり・夜中の心悸・不眠などいずれもほとんど気にならなくなった。こののちも処方1を継続服用、都合6か月服用ののち廃薬。

 

考察

 夜中に動悸でハッと目が覚めるのはかなり怖いものらしい。これが続くと日中も不安で落ちつかなくなる。今回の症例は気滞と血瘀とが錯綜したものであろう。この様な場合、血府逐瘀湯は非常によく効く。
 神経性膀胱炎を兼ねる場合は合猪苓湯、加齢に伴う頭痛には合釣藤散、便秘・頭痛を兼ねる場合は合桃核承気湯など応用して用いている。

類似する症例

  • 動悸緊張

    緊張時の発作的な動悸

    【症例40】 49歳、 女性

     胸部の痛み(-)。緊張時に発作的に起こり10分ほど続く。発症時には体が震えるような感覚になりオドオドしておちつかなくなり、更には文字が書けない。スプーン爪があり、Hb(8~9)。これは子宮筋腫に由来するものとのこと。現在病院で鉄剤服用中。子宮筋腫は閉経を待ち、積極的治療は行わない。...もっと見る

  • 不安動悸緊張

    緊張過多

    【症例62】 37歳、 女性

    緊張過多。
    1年ほど前から発症。常に何かに追われているような感覚で、落ち着くことができない。不意の問いかけにびっくりしてしまい、そのあと動悸と不安感覚がしばらく続き、ひどい場合は何も手につかず、仕事を早退して帰宅後ベッドでずっと横になることもある。仕事がうまくゆくかどうか気になると似たような症状が出る。
    トンネルが苦手。
    <服用中の薬>
    もっと見る

ご相談方法

基本的には直接ご来局の上でのご相談をお願いしております。
ただし、諸般の都合によりご来局いただけない場合は電話・ファックスでも応対しております。

メールでお問い合わせ

ご相談・ご予約メールフォーム

※初めての方はメールフォームからお問い合わせ頂くとスムーズです。

お電話でお問い合わせ

電話 099-239-7100

受付時間 月~土 10:00~18:00
※営業時間外でも上記電話番号より携帯電話に転送されるので通話可能です。

FAXでお問い合わせ

Fax. 099-239-7100

24時間受付中
後日、ご案内のお電話をさせて頂きます。

トップへ戻る