トップページ > 症例紹介 > 繰り返す膀胱炎・腎盂炎

症例紹介

繰り返す膀胱炎・腎盂炎

【症例99】 29歳、 女性
身長161cm、体重54㎏ 体格ふつうくらい

症例キーワード: 膀胱炎

主訴

繰り返す膀胱炎・腎盂炎。
24歳ごろから。膀胱炎は年に2~3回、腎盂炎は過去3回発症。膀胱炎の症状は頻尿・排尿痛・残尿感で、トイレを我慢したとき・疲れた時・冷えた時・汗をかいた時に好発。その都度、病院にて抗生物質を服用しているが何度も繰り返すので根本治療を希望。現在も膀胱炎を発症中。

全身症状
寒熱 強い冷え性
二便 大便:1日1行
小便:1日6~7行、色黄、量少。
飲食 食欲:平
飲水:平
全身 風邪をひくと扁桃腺が腫れやすい
浮腫 下肢に少し
睡眠 良好
心神 良好
頭痛(−)、頭暈(−)
目・耳・鼻 中学まで蓄膿症を頻発していた
月経 周期(35日)、経期(6~7日)、経痛(−)、経血(平)、血塊(20mm×5個~)
舌質微紅、舌苔微白
皮膚 皮膚は浅黒く、肉付きは引き締まった感じ。あざができやすい。

経過・結果

【第1診】

細菌性の膀胱炎には痰飲型に五淋散、陰虚型に猪苓湯加山梔子を基本に用いている。後者は更に下腹痛・排尿痛・頻尿・残尿感が強い場合芍薬甘草湯あるいは四逆散を合して用いる。さらに繰り返す場合は四逆散を血府逐瘀湯に変更する。今回の場合、一貫堂の解毒症体質が基本にあるものと思われる。そこで基本体質の改善に一貫堂竜胆瀉肝湯を、現在発症している膀胱炎に血府逐瘀湯+猪苓湯加山梔子を用い、両者を併用することとする。

処方1)一貫堂竜胆瀉肝湯6.0/9.0g+血府逐瘀湯3.0/7.5g+猪苓湯4.0/6.0g+山梔子末0.5g 分2 14日分

【第2診】

処方1)服用後5日間で膀胱炎様症状ほぼ消失。尿の色が薄くなった。以後も解毒症体質改善の目的で処方1)を服用継続

処方1)do. 分2 28日分

【第3診~】

膀胱炎症状出ていない。その後も処方1)を5か月継続服用、その間一度も膀胱炎を発症せず。そこで処方1)を1日2包のところを1日1包に減薬し経過を見たところ、4か月経過した現在も発症せず、良好を維持。今後、状態を見ながら更に漸減を検討している。

 

類似する症例

  • 膀胱炎

    膀胱炎様症状

    【症例78】 60歳、 女性

    膀胱炎様症状。10数年来。症状は頻尿、尿意急迫、排尿痛、残尿感、下腹部不快痛で、特に夜間に起こりやすく、このときは下腹部不快痛のため朝まで眠れないこともある。疲れたときや屋外で作業したとき、夏・秋・冬に好発。また発症時は不思議と生あくびが連発する。強い症状は月に一回くらいの発症頻度であるが残尿感と尿意急迫は平素から多少ある。病院で検査しても尿中の細菌・出血は確認されない。
    <病...もっと見る

  • 膀胱炎

    繰り返す膀胱炎様症状

    【症例73】 75歳、 女性

    繰り返す膀胱炎様症状(排尿後の下腹部の違和感・不快感)。春・秋あるいは疲れたとき好発。下腹部の違和感・不快感と同時に尿の出が悪くなり、頻尿になり、尿量も少なくなる。
    尿検査では白血球(±)、潜血(+)。尿の色は普通くらい、尿の混濁・排尿痛はない。
    年間都合5~6回発症する。
    いつも発症すると病院の抗生剤で1週間ほどで治り、これをずっと繰り返している。...もっと見る

ご相談方法

基本的には直接ご来局の上でのご相談をお願いしております。
ただし、諸般の都合によりご来局いただけない場合は電話・ファックスでも応対しております。

メールでお問い合わせ

ご相談・ご予約メールフォーム

※初めての方はメールフォームからお問い合わせ頂くとスムーズです。

お電話でお問い合わせ

電話 099-239-7100

受付時間 月~土 10:00~18:00
※営業時間外でも上記電話番号より携帯電話に転送されるので通話可能です。

FAXでお問い合わせ

Fax. 099-239-7100

24時間受付中
後日、ご案内のお電話をさせて頂きます。

トップへ戻る