トップページ > 症例紹介 > 子供の便秘

症例紹介

子供の便秘

【症例119】 4歳、 男性
身長100cm、体重16.5㎏、色白、痩せて、小さいほう。

症例キーワード: 便秘

主訴

便秘。3歳くらいから。1~2回/週の排便。一週間出ないと浣腸して出している。便は太く長い。時々肛門が切れて出血して痛いと泣く。
鼻炎少しあり。喘息(−)、AD(−)。

全身症状
二便 大便:1~2行/週
小便:5~6行/日
飲食 食欲:良好
飲水:平
全身 疲労倦怠(−)、風邪をきやすい(鼻水で始まり、咳が最後まで残る)
浮腫 なし
睡眠 良好
心神 カンが強い
かきやすい
頭痛(−)
胃腸 胃脘痛(−)、嘔吐(−)。

経過・結果

【第1診】

これといった特徴がない便秘である。色白でやせている、風邪をひきやすい、汗が出やすい、などから「桂枝体質」が基本にあるものと考え小建中湯を用いることにする。

処方1)小建中湯4.5/27g 分2 14日分

【第2診】

無効。そこでカンが強いことから柴胡桂枝湯にする。

処方2)柴胡桂枝湯2/6g 分2 14日分

【第3診】

良好。排便2~3/週。

処方2) do. 28日分

【第4診~】

良好を維持。排便4~7回/週。この後は排便状況を見て服薬量を調節して服用する予定。

 

考察

子供の便秘には基本的に大黄は用いない。大人の便秘とはその構造が異なるのであろう。小児便秘に汎用する処方は小建中湯、柴胡桂枝湯、小柴胡湯の三つである。
体質的には小建中湯は桂枝体質、柴胡桂枝湯は桂枝体質と柴胡体質の混合型、小柴胡湯は柴胡体質である。
<参考>
『漢方診療レッスン』花輪寿彦
「小柴胡湯で便秘が治ることがある。原典の『傷寒論』に津液のバランスの是正を図ることによって病気が治るという記載がある。特に小児の便秘は大黄を使うことがまずない。一般には柴胡剤、虚弱児には小建中湯を考慮。」
「小柴胡湯と柴胡桂枝湯の鑑別を強いて区別すれば以下の如くである

      汎用年齢 顔色  腹証     臨床症状 
小柴胡湯  幼児期  青白い 季肋部の膨隆 呼吸器症状を主とし消化器症状を伴うもの
柴胡桂枝湯 学童期  赤い  腹直筋の緊張 小柴胡湯よりも関節痛、腹痛、発疹、中枢神経症状に、よりウエイトが高いもの   」

類似する症例

  • 便秘

    便秘

    【症例105】 67歳、 男性

    便秘。
     ころころとした便で、毎日下剤を服用しているが3~4日/回の排便で、更に出ない場合は浣腸をしている。下剤を服用しているため排便前に腹痛あり。便が出ないと腹部にガスが充満し、張っていらいらとしてくる。半年前に大腸ポリープを3個摘出。
    ...もっと見る

  • 便秘月経腹痛

    便秘・腹痛・月経痛

    【症例56】 15歳、 女性

    便秘・腹痛は一年ほど前から発症。排便は5~7日/行で、排便前に下腹部に強い張った痛みを伴う。排便には時間がかかり、かつ残便感があり、すっきりしない。便は兎糞状。ガスも出やすい。以前病院からの大建中湯、カマグなど服用したが、いずれも服用当初はよかったが、次第に効かなくなったという。
    月経痛はかなり強く、鎮痛剤が手放せない。月経周期28日、経期7日間。痛むのは月経開始1~3日間。痛みの状...もっと見る

ご相談方法

基本的には直接ご来局の上でのご相談をお願いしております。
ただし、諸般の都合によりご来局いただけない場合は電話・ファックスでも応対しております。

メールでお問い合わせ

ご相談・ご予約メールフォーム

※初めての方はメールフォームからお問い合わせ頂くとスムーズです。

お電話でお問い合わせ

電話 099-239-7100

受付時間 月~土 10:00~18:00
※営業時間外でも上記電話番号より携帯電話に転送されるので通話可能です。

FAXでお問い合わせ

Fax. 099-239-7100

24時間受付中
後日、ご案内のお電話をさせて頂きます。

トップへ戻る