トップページ > 症例紹介 > マイコプラズマ肺炎後の発熱と吐き気

症例紹介

マイコプラズマ肺炎後の発熱と吐き気

【症例21】 15歳、 男性
身長172センチ、体重50キロ。H24/3/11来局。

症例キーワード: 嘔吐発熱

主訴

 1月4日マイコプラズマ肺炎を発症。
発熱・咳嗽など近医にて治療。しかし、その後37℃前後の発熱と吐き気とを発症。ナウゼリンを4週間投与され服用した無効。病院にて再度検査したところ菌は既になく、よって自律神経失調由来の症状であろうとのこと。発熱は、午後から夜にかけて起こり、だるさを伴う。吐き気は悪心のみで嘔吐することはない。ただ、その悪心のため固形物を食することができず、三食とも野菜ジュースを食事代わりに飲んでいる。

経過・結果

第1診

『傷寒論』の「傷寒五六日、嘔而発熱者、柴胡湯證具(傷寒五六日、嘔して発熱する者は、柴胡湯の證具はる)・太陽病下」あるいは「傷寒差已後、更発熱者小柴胡湯主之(傷寒差えて已後、更に発熱する者は小柴胡湯之を主る)・差後労復病」に相当するものと考え、3/11、

処方1)小柴胡湯、5日分投与。

小柴胡湯
柴胡5.0、黄芩3.0、半夏5.0、乾生姜1.0、人参2.0、大棗3.0、甘草2.0

第2診

3/18発熱はなくなったが吐き気かまだ残る。

処方2小柴胡湯+半夏厚朴湯、7日分投与

小柴胡湯+半夏厚朴湯(柴朴湯)
柴胡5.0、黄芩3.0、半夏6.0、乾生姜1.0、人参2.0、大棗3.0、甘草2.0、厚朴3.0、茯苓5.0、蘇葉2.0

第3診

 発熱・吐き気いずれもほぼ治癒。

考察

 何病によらず、吐き気と発熱とが同時にあったならば小柴胡湯をファーストチョイスに用いている。小児に多い。

類似する症例

  • 嘔吐月経

    月経時の悪心嘔吐

    【症例2】 32歳、 女性

    月経時の腹痛および悪心・嘔吐。
    腹痛は月経の1~2日目。下腹全体が痛む。どのように痛むかと詳しく聞いてみても「ただ痛む」としか表現できないという。痛みの程度はほぼ毎月同じ。月経周期28~30日、経期7日間。経血量(平)、血塊(少)。帯下(白粘多)。鎮痛剤を毎月服用している。悪心・嘔吐は月経の始まる2~3日前からひどくなり、月経中はほとんど食欲がなくなるという。臭いをかいだだけでえずい...もっと見る

  • 婦人病発熱

    出産後の発熱・倦怠

    【症例66】 35歳、 女性

    出産後の発熱・倦怠。
    発熱は夕方から起こり、37℃前後まで上昇し翌朝には解熱する。寒気はない。
    倦怠感はとても強い。授乳中。貧血あり。
    <病歴>
    小児喘息。...もっと見る

ご相談方法

基本的には直接ご来局の上でのご相談をお願いしております。
ただし、諸般の都合によりご来局いただけない場合は電話・ファックスでも応対しております。

メールでお問い合わせ

ご相談・ご予約メールフォーム

※初めての方はメールフォームからお問い合わせ頂くとスムーズです。

お電話でお問い合わせ

電話 099-239-7100

受付時間 月~土 10:00~18:00
※営業時間外でも上記電話番号より携帯電話に転送されるので通話可能です。

FAXでお問い合わせ

Fax. 099-239-7100

24時間受付中
後日、ご案内のお電話をさせて頂きます。

トップへ戻る