トップページ > 症例紹介 > 感冒後の発熱

症例紹介

感冒後の発熱

【症例23】 66歳、 男性
身長166cm、体重62㎏、4/19来局

症例キーワード: 発熱

主訴

 感冒(37.5前後の発熱、寒気、頭痛)にかかり、病院にてPL顆粒、抗生剤を投与されこれを服用。寒気と頭痛は取れたが発熱(38℃前後)のみ残り、更に抗生剤服用が続いている。このような状況がかれこれ10日ほど経過して、いまだ発熱が続いている。発熱している割に面色は青白く煩躁することもない。発熱以来だるくて日中も横になることが多い。

全身症状
寒熱 下肢冷(+)
二便 大便1日1行。
小便1日5~6行、夜間0行、色平・量平
飲食 食欲(平)、飲水(平)
全身 腰痛少しあり
胸腹 良好
浮腫 なし
睡眠 良好
心神 良好
良好
目・耳・鼻 良好
白、無華
舌質淡、舌苔微白
嗜好 飲酒(少々)、煙草(−)
体型 中肉
血圧 血圧136ー79
脈拍 脈拍62/分

経過・結果

第1診

4/19

『傷寒論・太陽病・中』に「太陽病、発汗、汗出不解。其人仍発熱、心下悸、頭眩、身ジュン動、振振欲擗地者、真武湯主之(太陽病、汗を発し、汗出でて解せず。其の人仍ほ発熱し、心下悸し、頭眩し、身ジュン動し、振振として地に擗(たお)れんと欲する者、真武湯之を主る)」とある。まさに、「PL顆粒にて汗を発し、汗出で解せず、その人依然として発熱」に置き換えてよいと思う。真武湯を用いることにする。

処方1)真武湯×5日分

処方1)真武湯
茯苓5.0、芍薬5.0、乾生姜1.0、白朮4.0、附子(白河)1.0

第2診

4/23

「3日目から発熱しなくなった。元気が出てきた。もう大丈夫」とのこと。

考察

 全身症状は「少陰の病たる脈微細、但寐んと欲っす」そのものである。このような「高齢者のカゼの治りぞこないの発熱」に真武湯を用いて効を収めたこと数えきれない。その発熱の様子は特徴的である。『漢方処方解説』に「検温してみると熱はあるが自覚症状は少なく、外見は案外平気で顔色は赤くならない、蒼い顔をしている。肺炎なども所謂無力性のものに本方の証がある。」とあるが、まさにこのとおりであろう。真武湯無効の場合、四逆湯類を用いて功を得たことが多い。

類似する症例

  • 嘔吐月経発熱頭痛

    月経時の発熱(37.5前後)、嘔吐、頭痛、両大腿前面の重くひきつれる痛み。

    【症例68】 45歳、 女性

    月経時の発熱(37.5前後)、嘔吐、頭痛、両大腿前面の重くひきつれる痛み。
    月経前1日~開始3日ほど続く。その間体がきついので横になって休んでいることが多い。この期間をやり過ごすとその後症状はすべて消失する。
    <病歴>
    歯周病(排膿散及湯とマスティックで著効あり)
    アデノイド、甲状腺腫、ストレス性胃炎...もっと見る

  • 発熱

    肝臓がん手術後の発熱

    【症例35】 65歳、 男性

     肝臓ガンの手術にてガン組織を摘出。術後、6週間ほどしてから突然39℃の発熱・食欲不振などの症状現れる。検査の結果、胆管炎と診断され再入院。抗生物質・解熱剤が投与され5日ほどで解熱し退院。ところがその1週間後、再度39℃の発熱。検査ではCRP(N)、WBC(N)、その他にも異常所見は見当たらなかった。とりあえず熱を下げましょうとのことでカロナールが処方された。カロナールを服用すると服用後、一旦は解...もっと見る

ご相談方法

基本的には直接ご来局の上でのご相談をお願いしております。
ただし、諸般の都合によりご来局いただけない場合は電話・ファックスでも応対しております。

メールでお問い合わせ

ご相談・ご予約メールフォーム

※初めての方はメールフォームからお問い合わせ頂くとスムーズです。

お電話でお問い合わせ

電話 099-239-7100

受付時間 月~土 10:00~18:00
※営業時間外でも上記電話番号より携帯電話に転送されるので通話可能です。

FAXでお問い合わせ

Fax. 099-239-7100

24時間受付中
後日、ご案内のお電話をさせて頂きます。

トップへ戻る