トップページ > 症例紹介 > ニキビ

症例紹介

ニキビ

【症例44】 30歳、 女性
身長157㎝、体重50㎏、未婚

症例キーワード: ニキビ・肌荒れ皮膚

主訴

濃赤色で2~3ミリほどのものが額、頬、口囲、背中に点在。このため顔全体が赤らんで見え、更に脂ぎった感じがある。ニキビの先端が化膿したものも数個確認できる。また、決まって月経前に悪化する。

全身症状
寒熱 冷え症(-)、冷えのぼせ(-)
二便 大便1日1行。
小便1日6~7行、夜間0行、色・量ともに平。
飲食 食欲(平)、飲水(平)
全身 疲労倦怠(-)
胸腹 良好
浮腫 なし
睡眠 良好
心神 良好
慢性扁桃腺肥大あり。
頭痛(-)
目・耳・鼻 アレルギー性鼻炎あり。中耳炎歴多し。
月経 周期(25日)、経期(5日間)、経痛(-)
舌質老、舌苔微白、瘀点あり。
嗜好 飲酒(-)、煙草(-)
皮膚 ニキビ以外は特にない
四肢 良好

経過・結果

第1診

処方1) 小柴胡湯(エキス散)3.0/7.5+桂枝茯苓丸(エキス散)3.0/6.0+排膿散及湯(エキス散)3.0/7.5g 分2×14日分

第2診

ニキビの赤味がなくなり、顔全体も赤々としなくなった。また新生もほとんどなく、ベトベト感・化膿もしなくなった。

処方1) do.×14日分

第3診

経前にまた悪化した。スタート時点と同じレベルに戻った感じ。

処方1) do.×28日分

第4診

月経前に悪化したが以前ほどではなかった。全体的によい感じ。化膿はほとんどない。

処方1) do.×28日分

第5診

その後も月経時に悪化したり、風邪をひいて喉を腫らした時に悪化したり、など繰り返しながらも処方1)を続け少しずつ改善。およそ11か月服用し漸減ののち廃薬。最後は初期と比較すると見違えるほどのきれいな肌になっていた。

考察

経前に悪化するニキビは、その基本に「柴胡体質」があると考え柴胡類方を好んで用いている。柴胡体質の特徴に「周期性の症状」がある。日周期、月周期、年周期など。これを経前悪化と捉え小柴胡湯を用いた。桂枝茯苓丸はニキビの状態から、排膿散及湯は化膿を伴うことから合方した。

類似する症例

  • ニキビ・肌荒れ月経頭痛・肩こり

    月経痛・頭痛・ニキビ

    【症例43】 22歳、 女性

    月経痛。
    毎月あり、その都度鎮痛剤を服用している。
    また、鉄欠乏性貧血あり、このため坂道などで気短がある。...もっと見る

  • アレルギー皮膚

    蕁麻疹

    【症例85】 36歳、 女性

    蕁麻疹。
    二か月ほど前から、疲れと睡眠不足が原因かも。部位は上下肢それぞれの内側、お尻、背中。はじめ線状、のち結合して風団となる。消失までは1~2時間ほど。時間は夕方4時ごろから出やすい。強いかゆみを伴う。疲れると悪化傾向。これとは関係ないかもしれないが、蕁麻疹発症の一月ほど前から咳(痙咳、無痰、声がれ、熱感・発汗を伴う)が現在も続いている。
    ...もっと見る

ご相談方法

基本的には直接ご来局の上でのご相談をお願いしております。
ただし、諸般の都合によりご来局いただけない場合は電話・ファックスでも応対しております。

メールでお問い合わせ

ご相談・ご予約メールフォーム

※初めての方はメールフォームからお問い合わせ頂くとスムーズです。

お電話でお問い合わせ

電話 099-239-7100

受付時間 月~土 10:00~18:00
※営業時間外でも上記電話番号より携帯電話に転送されるので通話可能です。

FAXでお問い合わせ

Fax. 099-239-7100

24時間受付中
後日、ご案内のお電話をさせて頂きます。

トップへ戻る