トップページ > 症例紹介 > 出産後の発熱・倦怠

症例紹介

出産後の発熱・倦怠

【症例66】 35歳、 女性
身長159㎝、体重39㎏、痩せ型

症例キーワード: 婦人病発熱

主訴

出産後の発熱・倦怠。
発熱は夕方から起こり、37℃前後まで上昇し翌朝には解熱する。寒気はない。
倦怠感はとても強い。授乳中。貧血あり。
<病歴>
小児喘息。

全身症状
寒熱 強い冷え症。冷えのぼせなし
二便 大便1日1行。下利しやすい
小便1日5~6行(夜0行)
飲食 食欲:平、食量:平
飲水:平
胸腹 胃腸は良好
浮腫 なし
睡眠 授乳のため途切れ途切れ
心神
食後に上半身・頭面部、特に口周囲に多発
月経 未再開
舌質赤紫、舌苔微白(舌苔の地図状の剥離有り)

経過・結果

第1診

産褥熱の軽いものか。
産褥熱には基本として「小柴胡湯合四物湯」を用いる。今回は四物湯を芎帰調血飲第一加減に変え、虚状が強いことと虚汗のあることおよび「能食而無力」から小柴胡湯を補中益気湯に変えて投与。

処方1)黄耆6、人参6、大棗3、甘草1、白朮3、柴胡2、升麻1、陳皮1、乾生姜1、当帰1(補中益気湯の黄耆と人参を増量) 14日分

処方2)キュウキイン(2T×3回~)

<結果>
服用5日後から発熱しなくなる。
キュウキインは5T×3回で服用。
体力的に非常に向上。
補中益気湯は28日分服用、キュウキインは約100日服用し終了。

類似する症例

  • 発熱

    肝臓がん手術後の発熱

    【症例35】 65歳、 男性

     肝臓ガンの手術にてガン組織を摘出。術後、6週間ほどしてから突然39℃の発熱・食欲不振などの症状現れる。検査の結果、胆管炎と診断され再入院。抗生物質・解熱剤が投与され5日ほどで解熱し退院。ところがその1週間後、再度39℃の発熱。検査ではCRP(N)、WBC(N)、その他にも異常所見は見当たらなかった。とりあえず熱を下げましょうとのことでカロナールが処方された。カロナールを服用すると服用後、一旦は解...もっと見る

  • 発熱

    感冒後の発熱

    【症例23】 66歳、 男性

     感冒(37.5前後の発熱、寒気、頭痛)にかかり、病院にてPL顆粒、抗生剤を投与されこれを服用。寒気と頭痛は取れたが発熱(38℃前後)のみ残り、更に抗生剤服用が続いている。このような状況がかれこれ10日ほど経過して、いまだ発熱が続いている。発熱している割に面色は青白く煩躁することもない。発熱以来だるくて日中も横になることが多い。...もっと見る

ご相談方法

基本的には直接ご来局の上でのご相談をお願いしております。
ただし、諸般の都合によりご来局いただけない場合は電話・ファックスでも応対しております。

メールでお問い合わせ

ご相談・ご予約メールフォーム

※初めての方はメールフォームからお問い合わせ頂くとスムーズです。

お電話でお問い合わせ

電話 099-239-7100

受付時間 月~土 10:00~18:00
※営業時間外でも上記電話番号より携帯電話に転送されるので通話可能です。

FAXでお問い合わせ

Fax. 099-239-7100

24時間受付中
後日、ご案内のお電話をさせて頂きます。

トップへ戻る