トップページ > 症例紹介 > ニキビ

症例紹介

ニキビ

【症例112】 35歳、 女性
身長157cm、体重43㎏。やややせ型、色白。

症例キーワード: ニキビ・肌荒れ皮膚

主訴

ニキビ。
〇口の周囲と額に好発。
〇赤~赤紫、3~5mmほどの丘疹、化膿(±)
〇甘いものを多食した後日、月経前、夜更かしをしたときに好発。
〇これ以外にも便秘、肩こり首こり、冷え性も何とかしてほしい。

全身症状
寒熱 冷え性で、足部、手部の冷えが非常に強い。冷えのぼせ(++)。
二便 大便:2日/回(ただし下剤を使用している。下剤を使わなかったらもっと日数はかかる)
小便:10~/日、量平、色平。
飲食 食欲:平。
飲水:平。
全身 倦怠無力(+)、容易感冒(−)車暈(−)
浮腫 下肢に少し
睡眠 寝つき悪し
心神 起床時に動悸しやすい
緊張で手掌・腋下に発汗あり。
口内炎出来やすい
頭痛(+)、筋緊張型頭痛、イブ服用/週。
胃腸 胃痛(−)
月経 周期(28~30日)、経期(5日)、経痛(開始1日目にあり。鎮痛剤使用)、経血(色:暗紅、量:少)、血塊(φ10mm×数個)。
顔面は冷えのぼせのため紅潮
舌質老、舌苔微白。
皮膚 皮膚は白い。アザができやすい。

経過・結果

【第1診】

月経状態、皮膚状態から血瘀が基本にある。さらに頭痛、肩こり・首こり、冷えのぼせなどから「血瘀上衝」も確認できる。これだけ「血瘀上衝」が顕著にあるのであれば、このニキビも「血瘀上衝」の流れの上にあるものと考えるのが妥当であろう。強い便秘もあることから桃核承気湯を選択。

処方1)OTC桃核承気湯(標準処方の2/3) 

【第2診】

2週間後。効果はまだわからない。

処方1 do. 

【第3診】

月経量増加、血塊減少。月経前のニキビの悪化(↓)、頭痛(↓↓)、肩こり首こり(↓)、手の冷え(↓)足の冷え(→)。桃核承気湯が有効と判断。

処方1) do. 

【第4診】

多少の症状の前後はあるが概ね良好を維持。「瘀血体質を改善しましょう」といい、6か月の服用を指導。

処方1) do.

 

考察

病理構造はほぼ【医案111 ジンマシン】と同じである。
「血瘀上衝」の症状の一つにニキビがあるという実例である。

類似する症例

  • ニキビ・肌荒れ皮膚

    ニキビ

    【症例44】 30歳、 女性

    濃赤色で2~3ミリほどのものが額、頬、口囲、背中に点在。このため顔全体が赤らんで見え、更に脂ぎった感じがある。ニキビの先端が化膿したものも数個確認できる。また、決まって月経前に悪化する。...もっと見る

  • 皮膚

    オデキ

    【症例64】 45歳、 男性

    3日ほど前から、うなじに発生。発赤は鮮紅色で、直径5㎝ほど、円錐形で中心部は2㎝ほどの盛り上がり。境界不鮮明。触ると患部は熱く、硬く、未化膿。圧痛(++)。全身発熱(-)。...もっと見る

ご相談方法

基本的には直接ご来局の上でのご相談をお願いしております。
ただし、諸般の都合によりご来局いただけない場合は電話・ファックスでも応対しております。

メールでお問い合わせ

ご相談・ご予約メールフォーム

※初めての方はメールフォームからお問い合わせ頂くとスムーズです。

お電話でお問い合わせ

電話 099-239-7100

受付時間 月~土 10:00~18:00
※営業時間外でも上記電話番号より携帯電話に転送されるので通話可能です。

FAXでお問い合わせ

Fax. 099-239-7100

24時間受付中
後日、ご案内のお電話をさせて頂きます。

トップへ戻る