トップページ > 症例紹介 > アトピー性皮膚炎

症例紹介

アトピー性皮膚炎

【症例54】 13歳、 女性
身長146㎝、体重31㎏

症例キーワード: アレルギー皮膚

主訴

小学2年生ごろより発症。好発部位は膝・肘・手首の屈側、前首で、時に眼周囲、口周囲。局面性の発赤で、表面は乾燥し、強い痒みを伴う。浸出液はない。部活動で疲れたときや、屋外で日光を多く浴びた後に悪化する傾向。病院からのワセリン外用と、かゆみが強いときのみジルテック頓服を使用中。アレルギーは他にも喘息及び鼻炎が少しある。

全身症状
寒熱 冷え症
二便 大便1~2日/行
小便1日6~7行
飲食 食欲あるが量は少ない。間食(お菓子など)を好む 、飲水:平
全身 とても疲れやすく、朝早起きは苦手。風邪をひきやすい。
睡眠 良好
出やすい
月経 初潮まだない
舌質胖大、舌苔微白

経過・結果

第1診

脾胃虚弱によるアトピーと考え、胃腸を丈夫にするべく補中益気湯、皮膚の炎症を直接抑えるべく消風散と麻杏甘石湯、これらを併用し、更に地竜を痒みの強いときの頓服に用いた。更に砂糖(を含む食品)・果物を禁止するよう指導。

処方1)補中益気湯6g/12g+消風散2g/9g+麻杏甘石湯2g/6g 分2×14日分
処方2)地竜エキス…痒みの強いときに頓服

第2診

服用直後より発赤及び痒み改善。2週間で70%ほど消失。地竜は使わず。2か月で略治。その後、症状の前後があり若干処方内容を加減したものの、9か月後、1日1包に漸減。現在も服薬中

考察

小児のアトピー性皮膚炎は脾胃虚弱に由来する場合が多く、その際には補中益気湯を用いている。健脾剤は補中益気湯以外にも多数あるが、ことアトピー性皮膚炎に治療においては補中益気湯でなければならない。補中益気湯は黄耆・人参・白朮といった補気薬以外に柴胡・升麻という解毒薬を内包しているからである。脾胃虚弱によるアトピー性皮膚炎を「気虚発熱」の亜型と考えているがどうであろうか。消風散は皮膚炎の標治剤。炎症の強い場合は麻杏甘石湯を併用する。

類似する症例

  • 皮膚

    しもやけ

    【症例10】 58歳、 女性

     以前からできていたがここ五年ほど前から悪化してきた。毎年11月ごろにはでき始め、翌年の4月ごろまで続く。手指はほぼ十指とも、足指は小指の外側のみ。全体的に暗赤色になり、所々ひび割れたり皮膚が崩れたりする。痛痒さを伴う。今はまだ出来ていないが、きっと今年もできるだろうからそれに先駆けて治療したいとのこと。
    <病歴>
     子宮筋腫・痔核・下肢静脈瘤の手術の履歴あり。...もっと見る

  • 皮膚

    オデキ

    【症例64】 45歳、 男性

    3日ほど前から、うなじに発生。発赤は鮮紅色で、直径5㎝ほど、円錐形で中心部は2㎝ほどの盛り上がり。境界不鮮明。触ると患部は熱く、硬く、未化膿。圧痛(++)。全身発熱(-)。...もっと見る

ご相談方法

基本的には直接ご来局の上でのご相談をお願いしております。
ただし、諸般の都合によりご来局いただけない場合は電話・ファックスでも応対しております。

メールでお問い合わせ

ご相談・ご予約メールフォーム

※初めての方はメールフォームからお問い合わせ頂くとスムーズです。

お電話でお問い合わせ

電話 099-239-7100

受付時間 月~土 10:00~18:00
※営業時間外でも上記電話番号より携帯電話に転送されるので通話可能です。

FAXでお問い合わせ

Fax. 099-239-7100

24時間受付中
後日、ご案内のお電話をさせて頂きます。

トップへ戻る