トップページ > 症例紹介 > 二人目不妊 過去3回自然妊娠その都度6~7週目にて流産

症例紹介

二人目不妊 過去3回自然妊娠その都度6~7週目にて流産

【症例136】 35歳、 女性
身長164㎝、体重54㎏、がっちりした体格。

症例キーワード: 不妊

主訴

二人目不妊。
第一子は現在5歳、自然妊娠・普通分娩。
基礎体温表:自然排卵あり、高温期(36.5°前後)×11日前後・安定。過去3回自然妊娠するも、その都度6~7週目にて流産した。
器質病変(筋腫・内膜症)なし、甲状腺良好、Hb(11.8)
抗核抗体:80倍(基準値40~80倍未満)
子宮内細菌叢:未検査 
カンジタ歴(+)、クラミジア抗体(+)ただし卵管良好
不妊の原因は不明。投薬なし。

<病歴>
円形脱毛症×多数回
扁桃腺肥大で入院(19歳、窒息しそう)

全身症状
寒熱 冷え性。冬は靴下ね。冷えのぼせあり。
二便 大便:2~3日に1回。便秘気味
小便:7~8回/日、夜間尿(0回)。膀胱炎歴多数
飲食 食欲:平
食量:平
全身 疲労倦怠(+)、容易感冒(+)⇒扁桃腺炎、咳嗽、発熱
胸腹 胃痛(ストレス性)
浮腫 下肢に軽微
睡眠 良好
心神 良好  
自汗傾向
慢性扁桃腺肥大
慢性頭痛(片頭痛・緊張型頭痛の混合型)
目・耳・鼻 良好
月経 周期(28~30日)、経期(5日間)、経痛(-)、経血(量平、色平)、血塊(-)、月経前に発熱・胃痛・悪心あり。
舌質平、舌苔微潤
皮膚 足指にしもやけできる。皮下出血(+)下肢静脈瘤(-)

経過・結果

【第1診】

いわゆる不育症、習慣流産といったところか。病院では不妊の原因は不明とのこと。投薬もなし。このような場合、全身症状からアプローチするしかすべがなかろうと思う。

漢方所見
二人目不妊ということで血瘀は必発⇒芎帰調血飲第一加減

小さい頃より扁桃腺炎を繰り返し、経行発熱・悪心嘔吐から小柴胡湯。ただし、冷えのぼせ・自汗・頭痛、ストレス性胃痛などから小柴胡湯を柴胡桂枝湯へ。

処方1)芎帰調血飲第一加減5.0g+柴胡桂枝湯3./6.0g 分2 ×14日

【第2、3診】

来経。月経前の発熱・悪心嘔吐などの不調なし。便通毎日あり。朝起きが楽になった。

処方1) do.×14日分×2回

【第4診】

妊娠せり。病院よりデユファストン、アスピリン投薬あり。

処方2)柴胡桂枝湯3.0/6.0g+当帰芍薬散4.5/9.0g 分2 ×14日分

【第5、6診】

つわりがひどいが処方2)を最低1包/日は服用している。

処方2) do.×14日分×2回

【第7診~】

「10週の壁」を突破できた。つわりあり。その後も処方2)を継続服用。

男児出産せり。2800gなり。

不妊のあらまし

類似する症例

  • 不妊

    不妊 4回目の体外受精

    【症例130】 37歳、 女性

    不妊。
    過去3回体外受精をしたがいずれも失敗。
    器質的病変はない。ただAMHが実年齢よりもすこし低く、プロラクチンも少し高い。
    基礎体温表は二相に分離し、高温相は36.7以上×11日間あり。
    病院からのカバサール、クロミット、デュファストンを服用中。...もっと見る

  • 不妊

    高プロラクチン血症にてカバサール服用中。体外受精を試みるも失敗。

    【症例30】 31歳、 女性

     高プロラクチン血症にてカバサール服用中。体外受精を試みるも失敗。基礎体温表は、二相に別れ、高温期の温度も十分にあるが、途中で体温が低温層レベルまで降下することが2~3回ある。近医にて当帰芍薬約散を一年服用するも無効。子宮筋腫(−)、内膜症(−)、PCOS(−)。...もっと見る

ご相談方法

基本的には直接ご来局の上でのご相談をお願いしております。
ただし、諸般の都合によりご来局いただけない場合は電話・ファックスでも応対しております。

メールでお問い合わせ

ご相談・ご予約メールフォーム

※初めての方はメールフォームからお問い合わせ頂くとスムーズです。

お電話でお問い合わせ

電話 099-239-7100

受付時間 月~土 10:00~18:00
※営業時間外でも上記電話番号より携帯電話に転送されるので通話可能です。

FAXでお問い合わせ

Fax. 099-239-7100

24時間受付中
後日、ご案内のお電話をさせて頂きます。

トップへ戻る