トップページ > 症例紹介 > 二人目不妊 人工授精4回 体外受精2回 着床するが途中で流産

症例紹介

二人目不妊 人工授精4回 体外受精2回 着床するが途中で流産

【症例137】 39歳、 女性
身長156㎝、体重48㎏

症例キーワード: 不妊

主訴

二人目不妊。
第一子は現在6歳、自然妊娠・普通分娩。
基礎体温表:自然排卵あるものと思われる。
基礎体温表:なし
人工授精×4回、体外受精×2回。体外受精はいずれも着床するものの途中で流産。凍結卵子あと3個(クラスBB)あり。
器質病変(筋腫・内膜症)なし、甲状腺良好、貧血なし。
子宮内細菌叢:未検査
抗リン脂質抗体などの不育症検査:未検査
不妊の原因は不明。投薬なし。

<病歴>
メニエル(7年前から。数回発作あり)
過呼吸(2年前)

全身症状
寒熱 冷え性。冷えのぼせなし
二便 大便:2日/回
小便:3~4回/日
飲食 食欲:平。ストレス不食あり。
飲水:平
全身 疲労倦怠(-)、容易感冒(-)
胸腹 ストレス性胃痛
浮腫 下肢に少し
睡眠 良好
心神 良好
頭痛(筋緊張型、陰天時悪化顕著)
月経 周期(約42日)、経期(2~3日間)、月痛(下腹、鎮痛剤服用)、経血(量少、色平)、 血塊なし。帯下なし。
舌苔:微白、舌質:淡
皮膚 皮下脂肪なく褐色・乾燥、皮下出血(+)
四肢 起床時の手指のこわばりあり(病院にて検査するもRA否定)。

経過・結果

【第1診】

病院診断では原因不明。このような場合、全身症状からの漢方的アプローチとなる。

経産婦により血瘀は必発と考える①。

メニエル既往歴・起床時の手指こわばり・陰天頭痛などから痰飲②、皮膚の状態・月経周期の延長・経血の減少・経痛から血虚③、ストレス不食から柴胡体質④などがうかがえる。

また基礎体温の測定を依頼。

まずは①に対して芎帰調血飲第一加減、②④から柴苓湯を選択。③は保留。

処方1)帰調血飲第一加減(エキス散)5.0/7.5g+柴苓湯(エキス散)5.0/7.5g 分2 ×14日分

【第2診】

便通毎日あり。大きな変化なし。

【第3、4、5、6、7診】

基礎体温表:自然排卵あり、高温期h36.7°×9日、安定の波形。

経血量変化なく量少。頭痛・朝のこわばり(-)。

処方1)を3か月服用ののち3回目の体外受精行う。

【第8診】

体外受精失敗。

再考。血虚③が影響しているのかもしれない。そこで処方1)に四物湯を追加

処方2)芎帰調血飲第一加減(エキス散)4.0/7.5g+柴苓湯(エキス散)3.0/7.5g+四物湯(エキス散)3.0/6.0g 分2 ×14日分

【第9、10、11診】

処方2)を2か月服用後のエコーにて内膜が以前より厚くなってきているとのこと。経血も増加。月経痛なくなる。

【第12、13診】

処方2)を3か月ほど服用ののち4回目の体外受精行う。

【第14診~】

妊娠せり。

処方3)柴苓湯5.0/7.5g+四物湯3.0/6.0g 分2

出産直前まで処方3)を継続服用

男児出産せり。

※この方、上述第二子出産の2年後来局。第三子のためまた体外受精を行う予定。ついては漢方薬が欲しいとのこと。処方2)を二か月ほど服用ののち体外受精。成功せり。

不妊のあらまし

類似する症例

  • 不妊

    病院でホルモン療法をすすめられたが、ホルモン療法に抵抗を感じて相談

    【症例24】 29歳、 女性

    結婚3年になるが妊娠しない。病院の診断では右卵巣が腫れているとのことで右下腹部の引きつれる痛みが常にあり、また子宮内膜症もあるとのこと。病院でホルモン療法をすすめられたが、ホルモン療法に抵抗を感じ、漢方治療を希望して来局。
    基礎体温表は2層に分かれるものの排卵後高温期への移行に日数(4日ほど)がかかり、その結果高温期が短い。また、高温期の上がり自体も弱い。

    ...もっと見る

  • 不妊

    不妊、流産癖。少量の子宮出血が続いている。

    【症例47】 28歳、 女性

    不妊、流産癖。
    H10年7月に一か月で、H11年9月に二か月目で、それぞれ流産している。「妊娠を安定させ、無事出産できるような漢方薬がほしい」と二回目の翌日に来局。現在まだ少量の子宮出血が続いている。...もっと見る

ご相談方法

基本的には直接ご来局の上でのご相談をお願いしております。
ただし、諸般の都合によりご来局いただけない場合は電話・ファックスでも応対しております。

メールでお問い合わせ

ご相談・ご予約メールフォーム

※初めての方はメールフォームからお問い合わせ頂くとスムーズです。

お電話でお問い合わせ

電話 099-239-7100

受付時間 月~土 10:00~18:00
※営業時間外でも上記電話番号より携帯電話に転送されるので通話可能です。

FAXでお問い合わせ

Fax. 099-239-7100

24時間受付中
後日、ご案内のお電話をさせて頂きます。

トップへ戻る