トップページ > 症例紹介 > 二人目ができない

症例紹介

二人目ができない

不妊、流産癖

【症例25】 32歳、 女性
身長160cm、体重52kg

症例キーワード: 不妊

主訴

二人目ができない。一人目はもう8歳になる。昨年、一年間病院でホルモン注射による治療を行ったが結果が出ない。基礎体温表は2層に分かれるものの高温期が短く、かつ連続しない。婦人科の器質病変はない

全身症状
二便 大便:1日1回。
小便:1日7~8回。色はほとんど無色透明。
飲食 普通
全身 疲れやすい
肩凝りからの頭痛あり
胃腸 特になし
月経 周期(30~35日)、経期(5~7日間)、月経痛(下腹部、軽微)、 経血(色:暗赤色、量:平)、血塊(5㎜ほど×5個くらい)、初潮13歳
萎黄
舌苔なし、舌質:赤紫、瘀点あり
皮膚 アザが出来やすい、外痔核あり
四肢 強い冷え性、特に手部、足部。冬は靴下を二枚はいて寝ている。冷えのぼせあり。
血圧 100-54
脈拍 71/分

経過・結果

第1、2診

不妊症の原因病理は多岐にわたるが、概ね血瘀、気虚、血虚、腎虚、虚寒などを念頭において問診を進めている。
不妊治療の最重要ポイントは月経の状態および基礎体温表であると考えている。今回の場合、月経は遅くなる傾向で、経血の暗赤色・血塊、更には舌質(赤紫・瘀点)・アザが出来やすい、などから血瘀が考えられる。また、高温期が短く連続しないこと、手足の強い冷え、尿清長から虚寒が考えられる。これらの血瘀と虚寒とが独立して存在するとは考えにくく、両者が因果関係を持って「虚寒を帯びる血瘀」を形成し、これが不妊の原因になっているものと推察される。
「虚寒を帯びる血瘀」に対応でき、不妊治療、特に「二人目不妊」に汎用される芎帰調血飲第一加減を選択。更に、手足部の冷えに対応できるよう当帰四逆加呉茱萸生姜湯を併用。

処方1)芎帰調血飲第一加減(エキス散)6.0g/7.5g+当帰四逆加呉茱萸生姜湯(エキス散)6.0g/9.0g 分2×14日分×2回

第3診

服用約1ヶ月にて、高温期が13日ほどになり、連続するようなる。30日目で月経となる。経血きれいになる。手は温まるが足の冷えは変わらず。そのまま処方1)を継続服用。

第4診〜

服用後2ヶ月目で妊娠。妊娠確認後は安胎を目的に処方2)当帰芍薬散+補中益気湯に変更。順調に経過し、男児出産。2800グラム。安産なり。
出産後は再度芎帰調血飲第一加減を100日間服用。

当帰芍薬散(エキス散)6.0g/9.0g+補中益気湯(エキス散)6.0g/12.0g 分2×14日分~

考察

「二人目不妊」に芎帰調血飲第一加減を好んで用いている。「冷え」の顕著な場合は当帰四逆加呉茱萸生姜湯や五積散を、「疲労・倦怠」の顕著な場合は補中益気湯を併用してよい結果を得ている。

不妊のあらまし

類似する症例

  • 不妊

    病院にて高プロラクチン血症と診断

    【症例29】 37歳、 女性

    病院にて高プロラクチン血症と診断されている。現在クロミット服用中。クロミット服用以前は基礎体温表が二層に分かれたり分かれなかったりと安定した排卵がなかった。現在、基礎体温表は二層に分かれるものの排卵後、高温層に移行するまで四日ほどかかる。また高温層の温度自体も36.5~7で十分に上がりきらない状態。...もっと見る

  • 不妊

    一年ほど前にようやく自然妊娠したが9週目で流産。以後妊娠しない。

    【症例46】 29歳、 女性

    不妊。25歳で結婚。一年ほど前にようやく自然妊娠したが9週目で流産。以後妊娠しない。子宮筋腫・内膜症、高プロラクチン血症などいずれもない。Hb値が下限ギリギリ。月経周期30日、経期7日間、経痛(-)、経血量は流産後やや減少、血塊(-)。基礎体温表は現在つけていないが、以前の記録では二層に分かれ、排卵はあった。病院治療は受けていない。クラミジア等の感染症の履歴もない。夫の検査はしていない。...もっと見る

ご相談方法

基本的には直接ご来局の上でのご相談をお願いしております。
ただし、諸般の都合によりご来局いただけない場合は電話・ファックスでも応対しております。

メールでお問い合わせ

ご相談・ご予約メールフォーム

※初めての方はメールフォームからお問い合わせ頂くとスムーズです。

お電話でお問い合わせ

電話 099-239-7100

受付時間 月~土 10:00~18:00
※営業時間外でも上記電話番号より携帯電話に転送されるので通話可能です。

FAXでお問い合わせ

Fax. 099-239-7100

24時間受付中
後日、ご案内のお電話をさせて頂きます。

トップへ戻る