トップページ > 症例紹介 > 不妊 多嚢胞性卵巣症候群、クロミットとHCGで治療中。

症例紹介

不妊 多嚢胞性卵巣症候群、クロミットとHCGで治療中。

【症例131】 31歳、 女性
身長166㎝、体重81㎏(肥満型)

症例キーワード: 不妊

主訴

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)。ネックレスサイン(+)。
現在、病院でクロミットと注射(HCG)で治療中。排卵はあったりなかったり。
AMH(2.19:39歳相当)。第一子もできにくく、体外受精で成功。甲状腺(問題なし)、プロラクチン(平)。
ニキビ(頬に多数あり)

全身症状
寒熱 冷え性
二便 便秘傾向
飲食
婦科 周期(30~33日)、経期(5日)、月経痛(−)、経血(暗赤色、量少)、帯下(白、量多)
浮腫 下肢に顕著
睡眠 良好
心神 良好
胃腸 良好

経過・結果

 

【第1診】

多嚢胞性卵巣症候群は血瘀と考える。芎帰調血飲第一加減を基本とし、下肢浮腫顕著なことから当帰芍薬散を併用する。

処方1)芎帰調血飲第一加減(5.0/7.5g)+当帰芍薬散(4.5/9.0g) 分2 14日分×2回

【第3、4診】

尿量増加し下肢浮腫やや改善。肥満と便秘に注目。

処方2)芎帰調血飲第一加減(5.0/7.5g)+五積散(4.5/9.0g)+当帰芍薬散(4.5/9.0g) 分2×2回

【第5診~】

下腹部がとても柔らかくなった。便通も改善、毎日あり。

処方2)  do.×14日分×6回

【第13診~】

妊娠成功。

考察

多嚢胞性卵巣症候群は難治である。
五積散は肥満型の多嚢胞性卵巣症候群の排卵促進に活用している。芎帰調血飲第一加減と併用して用いる。

不妊のあらまし

類似する症例

  • 不妊

    病院でホルモン療法をすすめられたが、ホルモン療法に抵抗を感じて相談

    【症例24】 29歳、 女性

    結婚3年になるが妊娠しない。病院の診断では右卵巣が腫れているとのことで右下腹部の引きつれる痛みが常にあり、また子宮内膜症もあるとのこと。病院でホルモン療法をすすめられたが、ホルモン療法に抵抗を感じ、漢方治療を希望して来局。
    基礎体温表は2層に分かれるものの排卵後高温期への移行に日数(4日ほど)がかかり、その結果高温期が短い。また、高温期の上がり自体も弱い。

    ...もっと見る

  • 不妊

    不妊 4回目の体外受精

    【症例130】 37歳、 女性

    不妊。
    過去3回体外受精をしたがいずれも失敗。
    器質的病変はない。ただAMHが実年齢よりもすこし低く、プロラクチンも少し高い。
    基礎体温表は二相に分離し、高温相は36.7以上×11日間あり。
    病院からのカバサール、クロミット、デュファストンを服用中。...もっと見る

ご相談方法

基本的には直接ご来局の上でのご相談をお願いしております。
ただし、諸般の都合によりご来局いただけない場合は電話・ファックスでも応対しております。

メールでお問い合わせ

ご相談・ご予約メールフォーム

※初めての方はメールフォームからお問い合わせ頂くとスムーズです。

お電話でお問い合わせ

電話 099-239-7100

受付時間 月~土 10:00~18:00
※営業時間外でも上記電話番号より携帯電話に転送されるので通話可能です。

FAXでお問い合わせ

Fax. 099-239-7100

24時間受付中
後日、ご案内のお電話をさせて頂きます。

トップへ戻る